@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

先達【せんだつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

先達
せんだつ
修験道で,登山する際に行者先頭に立って道案内をしたり,修行作法を指導したりする長老格の山伏をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐だつ【先達】
他の人より先にその分野に進み、業績・経験を積んで他を導くこと。また、その人。先輩。せんだち。「先達に学ぶ」
山伏や一般の信者が修行のために山に入る際の指導者。せんだち。
道などを案内すること。案内人。また、指導者。せんだち。「登山の先達をつとめる」
「少しの事にも―はあらまほしき事なり」〈徒然・五二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐だち【先達】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんだつ【先達】
本来は,学問・技芸・修行などの先輩をさし,また諸山参詣者の宗教的指導者すなわち道案内者の意味である。平安末期以来盛んになった熊野参詣者の安全を確保し,導く際の儀式を行う熊野先達には,熊野で修行を積んだ修験者(山伏)があたった。先達をすることで参詣者すなわち檀那から礼銭が与えられたことから,やがて修験者は先達をする檀那を収入源とみなし,先達をする権利が一種の株となっていった。やがて先達の権利を集中した修験者は,支配下に多くの修験者をかかえる本寺の性格をもって,江戸時代には修験道組織(本山派,当山派など)のリーダーとして存在した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

先達
せんだつ

学問や技芸で先に達した人をいうが、とくに修験道で用いられた。修験者(山伏)のなかで峰中(ぶちゅう)の行路や秘所に精通し、儀礼の指導者となれる人を峰先達(みねせんだつ)といったが、そうした修験者はまた霊験所(れいげんしょ)へ参る道にも明るかったので、人々を引導する道先達(みちせんだつ)という職掌が生れた。

 平安末期から皇室、貴族が盛んに熊野詣した背景には道先達の活動があった。熊野詣は中世に庶民化するが、諸国在住の修験者が参詣道者(どうじゃ)の先達を務め、熊野御師(おし)に引き渡す団参制度が確立した。熊野三山検校(けんぎょう)になった京都の聖護院(しょうごいん)門跡(もんぜき)は、南北朝頃より諸国修験に対して先達職(せんだつしき)を認可し、本山方(ほんざんがた)修験教団(本山派)を形成する。当山方(とうざんがた)(当山派)は、近畿地方の山岳寺院の修験僧が大峯正(おおみねしょう)大先達仲間を組織し、それぞれ諸国の袈裟下(けさした)修験を支配した。羽黒山(はぐろさん)、英彦山(ひこさん)その他の修験教団でも独自の先達制度をもった。それぞれの組織内で峰先達に対し峰中修行の度数に応じて幾多の位階を設けていた。

[鈴木昭英]

『新城常三著『新稿社寺参詣の社会経済史的研究』(1982・塙書房)』『宮家準著『山伏―その行動と組織』(1973・評論社)』『鈴木昭英著「熊野御師と熊野先達と熊野三山検校―修験道本山派の形成に関連して」(『山岳修験 6』・日本山岳修験学会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せん‐だち【先達】
〘名〙
※こんてむつすむん地(1610)三「御身せんだちとなりたまひてをしへたまはずは」
※中院本平家(13C前)一「伊勢国安濃津(あののつ)より舟にて熊野へ参られけるに、大なる鱸の舟へ踊り入りたりけるを、せんたち申けるは」
※御伽草子・酒呑童子(室町末)「此三人の翁こそ妻子をとられて候へば、ぜひせんだちを申べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐だつ【先達】
〘名〙
① 学問・技芸・修行などで、先にその道に達し、他を導くこと。また、その人。先輩。せんだち。
※侍中群要(1071か)一「蔵人初参事〈略〉先達蔵人開簡了〈略〉随先達気色、食之了」
※米沢本沙石集(1283)一〇末「中古の諸宗の先達(センダツ)の事は伝にのせたり」 〔後漢書‐朱暉伝〕
② 特に修験道で、他の修行者を導くこと。また、その人。峰入りなどの時に、同行の修験者の先導となる熟達した山伏。せんだち。
※後二条師通記‐寛治四年(1090)一一月一一日「件文等号熊野先達悪事
※浮世草子・好色一代男(1682)二「㝡上の山伏大楽院といふ人先達(センタツ)して峯入とて」
③ 一般に、案内すること。また、その人。案内者。指導者。せんだち。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)九月二〇日「早以北条殿先達、可向黄瀬河辺之旨」
※徒然草(1331頃)五二「すこしのことにも、先達はあらまほしき事なり」
[語誌](1)漢語としては、①の意であるが、平安時代後期以降、修験道が盛んになるにつれ、②の意で広く使用されるようになった。
(2)読みについて、古辞書の類では「色葉字類抄」には「センタツ」とあるが、中世には、「達」字の入声韻尾の表記の揺れを反映して「センダチ」とあるもの(「下学集」「文明本節用集」「伊京集」「饅頭屋本節用集」など)や、「センダツ」とあるもの(「明応本節用集」「天正本節用集」「黒本本節用集」「易林本節用集」など)、両者を挙げるもの(「日葡辞書」)など様々である。しかし江戸時代以後は、次第に「センダツ」に統一されるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せん‐だって【先達】
〘名〙 現在からあまり遠くない過去。さきごろ。このあいだ。先日。さきだって。
※津戸順達宛本居宣長書簡‐宝暦八年(1758)五月一六日「此方より先達而両度御返事申上候処」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先達」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先達の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation