@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

先験的観念論【せんけんてきかんねんろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

先験的観念論
せんけんてきかんねんろん
transcendental idealism; transzendentaler Idealismus
カントの認識論における批判主義的方法論に基づく観念論立場。カントは G.バークリーの経験論的,質料的,主観的観念論に対して,自己の批判的観念論を先験的観念論と称した。すなわち,バークリーでは認識は経験的主観所産であるとされたが,カントでは経験的対象の可能性の根拠が主観の先天的形式に求められた。この意味でカントの主観は経験的主観や個人的主観ではなく,先験的主観である。その後,先験的観念論という名称は J.フィヒテ,F.シェリングに引継がれたが,その観念論は思弁的色彩を強め,フィヒテでは知識学の立場から,認識は根源的な自己意識としての知的直観の所産であるとされ,シェリングでは自然哲学との関連において,またフィヒテの知識学に対して,理論と実践との統一としての芸術が導入され,知的直観は美的直観にほかならないという,美的観念論としての先験的観念論が主張された。新カント学派ではカントの先験的方法論の再興が試みられ,認識主観と区別されて先験的主観が確立された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんけんてき‐かんねんろん〔‐クワンネンロン〕【先験的観念論】
カント哲学で、その認識論の立場。認識をすべて主観の所産とする経験的観念論に対して、空間に認識される事物の実在性を疑いはしないが、それは物自体ではなくて現象であり、人間の認識主観の先天的な直観形式である時間・空間と、先天的な思惟(しい)形式である範疇(はんちゅう)とによって整理構成されたところに生じるものとする。批判的観念論。超越論的観念論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんけんてきかんねんろん【先験的観念論】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんけんてき‐かんねんろん ‥クヮンネンロン【先験的観念論】
〘名〙 哲学で、カントの首唱した立場。知覚の対象が物自体ではなく現象であり、こうした対象が人間の直観の形式(時間・空間)と悟性の形式(カテゴリ)によって条件づけられてはじめて存在を認められるものであるとする学説。この学説は、認識作用によってとらえられない物自体を、感覚的所与の根拠として認め、事物の実在性が現象であると強調している。超越論的観念論。批判的観念論。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先験的観念論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

先験的観念論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation