@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

光の粒子説【ひかりのりゅうしせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

光の粒子説
ひかりのりゅうしせつ
corpuscular theory of light
光を粒子としてとらえる学説。 17世紀に I.ニュートンによって,の直進性を説明するものとして光の粒子説が唱えられたが,その後,光の波動としての性質が種々発見された。さらに J.マクスウェルによる電磁理論によって,光の波動説は確固たるものになったようにみえた。しかし一方プランクの放射式光電効果コンプトン効果などから,光の粒子的性格もまた次々と発見され,一度は光の二面性が解きがたい謎とされたが,やがて量子論の誕生によって,すべてのものは粒子性と波動性との両面をもつことが理解されるにいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひかりのりゅうしせつ【光の粒子説】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

光の粒子説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光の粒子説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation