@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

光り物【ヒカリモノ】

デジタル大辞泉

ひかり‐もの【光り物】
光を放つ物。光って見えるもの。流星・いなずまなど。
金貨・銀貨。
金属類。特に、銅・真鍮(しんちゅう)など、値のはるもの。再生資源回収業者がいう。
鮨(すし)種で、はだが青白く光る魚。コハダ・サバ・アジなど。
花札で、松・桐(きり)・桜・坊主の各20点札。
連歌・俳諧で、日・月・星など光るものをいう語。
光を出して恐れられるもの。鬼火・人だまなど。
「御堂の側(かたはら)に―出できたり」〈平家・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

ひかりもの【光り物】
(主にすし屋で)が青光りする魚。こはだ・あじさばなど。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひかりもの【光り物】
光を出すもの。つやのあるもの。特に、流星・金銀など。
古物商・廃品回収業などで、金属。特に、真鍮しんちゆう・銅などのこと。
背が青みを帯び、腹が銀白色に光って見える魚。コノシロ(コハダ)・アジ・サバなどで、特に皮つきのまま酢でしめて料理したもの。
花札で、松・桐・薄すすき(坊主)・桜・柳(雨)の二〇点札。
鬼火・妖怪など、不気味な光を発するもの。 御堂のかたはらに-いできたり/平家 6
連歌・俳諧で、月・星など、天象のうち光るものをいう語。三句隔てる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光り物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光り物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation