@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

光伝導【コウデンドウ】

デジタル大辞泉

こう‐でんどう〔クワウデンダウ〕【光伝導/光電導】
絶縁体や半導体に光を当てると、自由電子が増加して伝導率が増す現象。光の強弱電流の大きさを変えることができ、電子写真撮像管露出計などに利用。内部光電効果

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひかりでんどう【光伝導 photoconduction】
物質は電気伝導という視点からとらえると,導体,半導体と絶縁体に大別される。しかし絶縁体や比較的伝導度の小さい半導体でも,例えば可視域や赤外領域の光をあてると電気伝導度が著しく増加し電流(光電流という)が流れることがある。このような現象を光伝導という。〈こう〉伝導という場合も多い。歴史的には,光伝導の現象はすでに1870年代にセレンで見いだされていたが,その機構を理解できるようになったのは,固体物理学が誕生した1930年前後以降のことであり,さらにテレビカメラなどエレクトロニクスの分野などで積極的に実用化されるようになったのは50年代半ば以降のことである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こうでんどう【光伝導】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

光伝導
ひかりでんどう
photoconduction
半導体絶縁体に光を当てたとき,電気伝導度が増加する現象で,光電子放射と区別して内部光電効果とも呼ばれる。照射した光が,試料中の価電子帯または不純物準位にある電子を励起して,自由な電子や正孔を生じ,外部から加えた電場によってそれらが結晶中で移動するために電流が流れる。光電流の大きさは,照射によって発生した電子または正孔の数や電場に一定の範囲内で比例するが,結晶中での自由電子または自由正孔の寿命や移動度にも関係する。たとえば,電子や正孔が試料と電極の境界面でなんらの障害も受けずに移動できるオーミックコンタクトの場合と違って,試料が絶縁層を介して電極と接触している場合には電場を強くしても,光電流は増加せずに飽和することが多い。一般に飽和電流値は電極間の距離が小さいほど小さくなる。硫化カドミウムや硫化鉛は光伝導性が強く,光伝導 (光導電) セルの名で光の強度測定やカメラの露出計などに応用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光伝導
こうでんどう
光伝導」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光伝導」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光伝導の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation