@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

光信【こうしん】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

光信 こうしん
?-? 南北朝時代の荘官。
東寺雑掌(ざっしょう)として暦応(りゃくおう)4=興国2年(1341)から観応(かんのう)3=正平(しょうへい)7年(1352)まで,伊予(いよ)(愛媛県)弓削島(ゆげじまの)荘・播磨(はりま)(兵庫県)矢野荘などで発生した紛争の訴訟解決にあたった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

みつのぶ【光信】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光信」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光信の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation