@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

光厳天皇【こうごんてんのう】

美術人名辞典

光厳天皇
北朝初代の天皇後伏見天皇の第一皇子、母は広義門院。御名は量仁、法名は勝光智。後醍醐天皇皇太子となり、北条高時に擁立されて践祚されたが、北条政権の滅亡により退位し、太上天皇となられる。のち足利尊氏要請で弟光明天皇即位されると、光厳院は院政を開始された。のち南朝軍の京都進出によって捕えられ、落飾され、禅道に入られて夢窓疎石に帰依された。正平19・貞治3年(1364)崩御、52才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

こうごん‐てんのう〔クワウゴンテンワウ〕【光厳天皇】
[1313~1364]北朝第1代天皇。在位1331~1333。後伏見天皇の第1皇子。名は量仁(かずひと)。鎌倉幕府の支持によって後醍醐天皇の皇太子に立ち、即位。建武の中興で退位後、院政を執った。日記「光厳院宸記」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

光厳天皇 こうごんてんのう
1313-1364 南北朝時代,北朝第1代天皇。在位1331-33。
正和(しょうわ)2年7月9日生まれ。後伏見天皇の第1皇子。母は藤原寧子(広義門院)。鎌倉幕府の意向で後醍醐(ごだいご)天皇にかわって即位した持明院統の天皇。幕府滅亡で復位した後醍醐により廃された。のち同母弟の光明天皇,子の崇光(すこう)天皇のとき院政をおこなった。北朝が一時南朝に屈した(正平(しょうへい)一統)あとは出家し,晩年は丹波常照寺で禅に精進した。貞治(じょうじ)3=正平19年7月7日死去。52歳。墓所は山国陵(やまくにのみささぎ)(京都府京北町)。諱(いみな)は量仁(かずひと)。法名は勝光智,無範。日記に「光厳院御記」。
【格言など】十年(ととせ)あまり世を助くべき名は旧(ふ)りて民をし救ふ一事もなし(「新後拾遺和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こうごんてんのう【光厳天皇】
1313‐64(正和2‐正平19∥貞治3)
北朝第1代の天皇。在位1331‐33年。後伏見天皇の第3皇子。名は量仁,母は広義門院寧子。祖父伏見上皇の意向持明院統正嫡として,1326年(嘉暦1)後醍醐天皇の皇太子となった。31年(元弘1)後醍醐天皇の討幕挙兵失敗後,幕府の要請で践祚した。33年後醍醐天皇の隠岐よりの還幸によって退位,太上天皇の号を贈られた。36年(延元1∥建武3)足利尊氏が後醍醐天皇に離反して,光明天皇を擁立し,上皇に院政を奏請したので,以後北朝において崇光天皇の代まで院政をしいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうごんてんのう【光厳天皇】
1313~1364 北朝第一代天皇(在位1331~1333)。名は量仁かずひと。後伏見天皇の皇子。後醍醐天皇の皇太子となり、元弘の変後、北条高時に擁立されて践祚せんそ。鎌倉幕府滅亡により退位。建武の新政失敗後、院政を開始。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

光厳天皇
こうごんてんのう
[生]正和2(1313).7.9. 京都
[没]正平19=貞治3(1364).7.7. 京都
北朝第1代の天皇 (在位 1331~33) 。名は量仁 (かずひと) 。後伏見天皇の第1皇子,母は広義門院藤原寧子。嘉暦1 (26) 年両統迭立案により鎌倉幕府に支持され,後醍醐天皇の皇太子となり,元弘1=元徳3 (31) 年,北条高時に擁立されて践祚,翌年即位したが,北条氏が滅ぶと廃され,太上天皇の尊号を受けた。建武中興もわずか2年で終り,足利尊氏が挙兵して入京し,光厳上皇の弟光明天皇を立てると上皇は院政をとり,以後崇光天皇の代まで続いた。正平6=観応2 (51) 年,後村上天皇によって北朝崇光天皇が廃され,翌年に光厳上皇は出家し,法名を勝光智と称した。正平 12=延文2 (57) 年伏見に帰り光厳院に住した。こののち上皇は禅に深く入り,晩年は丹波山国の常照寺に禅僧生活を営み,無範和尚と号した。また和漢儒仏の学を修め『光厳院宸記』を残した。陵墓は京都府北桑田郡山国村の山国陵。天皇は皇統史上最も混乱した時代に在位したが,南朝正統論者から忌避され,明治以降歴代の天皇から除かれることになった。 (→南北朝正閏論 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

光厳天皇
こうごんてんのう
(1313―1364)
北朝第1代の天皇(在位1331~33)。名は量仁(ときひと)。法名勝光智、のちに光智。後伏見(ごふしみ)天皇の第1皇子。母は広義門院寧子(やすこ)。元弘(げんこう)の変中鎌倉幕府の推戴(すいたい)によって皇位についたが、まもなく形勢が逆転し、六波羅探題(ろくはらたんだい)北条氏一族に奉ぜられて東国に逃れる途中、官軍に敗れて帰京した。その間に後醍醐(ごだいご)天皇から廃位せしめられた。建武中興(けんむのちゅうこう)が崩壊して弟の光明(こうみょう)天皇が位につくと、院政の主として政務をとった。しかしながらその後足利(あしかが)氏の内訌(ないこう)によって南朝が優勢となり、北朝が廃せられると、光明、崇光(すこう)両上皇らとともに幽閉の身となり、南朝の根拠地たる大和(やまと)(奈良県)の賀名生(あのう)および河内(かわち)(大阪府)天野(あまの)の金剛寺に幽居の数年を過ごし、その間に出家を遂げた。光厳天皇は先に夢窓疎石(むそうそせき)を尊信して禅宗に帰依(きえ)したが、のちに孤峯覚明(こほうかくみょう)を深く尊信し、また清渓通徹(せいけいつうてつ)や春屋妙葩(しゅんおくみょうは)にも師事した。金剛寺から京都郊外の伏見に帰ってからは世俗を絶って光厳院に居住し、晩年には丹波山国(たんばやまぐに)(京都市右京(うきょう)区井戸)の常照寺(じょうしょうじ)に隠棲(いんせい)して禅道に参入し、貞治(じょうじ)3年7月7日同所に崩御。御陵は同寺の後山の山国(やまぐに)陵。[村田正志]
『中村直勝著『光厳天皇』(1961・淡交新社) ▽長谷川端著『太平記――創造と成長』(2003・三弥井書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

光厳天皇 (こうごんてんのう)
生年月日:1313年7月9日
南北朝時代の北朝初代の天皇
1364年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうごん‐てんのう クヮウゴンテンワウ【光厳天皇】
南北朝時代、北朝の第一代天皇。後伏見天皇の第一皇子。名は量仁(かずひと)。後醍醐天皇の皇太子となり、元弘元年(一三三一)北条高時に擁立されて践祚(せんそ)、翌年即位。正慶二年(一三三三)北条氏滅亡後太上天皇となり、やがて院政を開く。のち観応三年(一三五二)後村上天皇の行宮に移って髪を落とし、禅宗に帰依して法名を勝光智・無範和尚といった。日記「光厳院宸記」がある。光厳院。正和二~貞治三年(一三一三‐六四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

光厳天皇
こうごんてんのう
1313〜64
鎌倉末期の天皇(在位1331〜33)
後伏見天皇の皇子。持明院統。1331年,元弘の変で隠岐に流された後醍醐 (ごだいご) 天皇に代わり,北条高時に擁せられて即位。'33年幕府滅亡とともに退位したが,'36年足利尊氏により弟光明天皇が立てられるとともに院政を始め,北朝を開いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光厳天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光厳天皇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation