@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

光合成細菌【こうごうせいさいきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

光合成細菌
こうごうせいさいきん
photosynthetic bacteria
光エネルギーによる同化を行う細菌総称。分類群としては紅色細菌 (無硫黄) ,紅色硫黄細菌緑色硫黄細菌に属する。植物における光合成と異なる特徴は,同化色素として,植物でのジヒドロポルフィン環よりも1段だけ還元されたテトラヒドロポルフィン環より成るバクテリオクロロフィルをもつことと,二酸化炭素の同化のために水を電子供与体とするのではなく,H2 ,有機化合物水素,硫黄およびその化合物などを電子供与体としている点である。系統発生的に古い型の合成と考えられ,ここから,水を水素供与体とした緑色植物の光合成が進化してきたと考えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうごうせい‐さいきん〔クワウガフセイ‐〕【光合成細菌】
光合成を行う細菌。紅色硫黄細菌・緑色硫黄細菌などがあり、二酸化炭素硫化水素などを利用するので酸素は発生しない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうごうせいさいきん【光合成細菌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こうごうせい‐さいきん クヮウガフセイ‥【光合成細菌】
〘名〙 光合成を行なう細菌の総称。形態や大きさはさまざまで、色によって紅色細菌と緑色細菌とに分けられる。沼土など地表にふつうにみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

光合成細菌
コウゴウセイサイキン
photosynthetic bacteria

光合成能を有し,光をエネルギー源として利用する細菌.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光合成細菌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光合成細菌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation