@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

光州事件【こうしゅうじけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

光州事件
こうしゅうじけん
1980年5月 18日より 10日間,大韓民国 (韓国) の全羅南道,クアンジュ (光州) 市で起こった学生市民による暴動事件。 1979年 10月 26日のパク・チョンヒ (朴正煕) 暗殺事件後,韓国国内では民主化要求の動きが活発化していた。しかし同年 12月 12日の「粛軍クーデター」で権力を握ったチョン・ドファン (全斗煥)少将を中心とする若手将軍グループは,1980年5月 17日に戒厳令の全国拡大を宣布し,キム・デジュン (金大中)ら与野党の大物政治家を逮捕するなどして民主化の動きに歯止めをかけようとした。その直後光州市で起こった街頭デモが戒厳軍部隊と衝突,戒厳軍部隊の手荒な対応もあって激昂した市民の一部は武器を手に対抗,市内で銃撃戦が行なわれ,多数死傷者が出た。 27日に戒厳軍によって制圧されるまで光州は解放区の様相を呈した。事件についての論議は全斗煥政権下ではタブー視されたが,ノ・テウ (盧泰愚)政権成立 (1988) 後実施された総選挙の結果,国会が「与小野大 (少数与党) 」の状態となり,そこで事件の性格規定や被害補償などについて論議され,責任者も追及された。盧政権は光州事件を民主化運動と評価し,被害者に補償金を支払った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

光州事件
80年5月17日、全斗煥(チョン・ドゥファン)氏らを中心とする新軍部勢力が戒厳令を全国に拡大し、18日に金大中氏らの支持基盤である光州でデモを弾圧。見かねた市民が蜂起し、200人以上が死亡行方不明になった。
(2008-07-15 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

こうしゅう‐じけん〔クワウシウ‐〕【光州事件】
1980年5月、光州市戒厳令解除を求めて始まった大規模な学生・市民の反政府・民主化要求行動を、戒厳軍が武力鎮圧し、多数の死傷者を出した事件。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうしゅうじけん【光州事件】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうしゅうじけん【光州事件】
1980年五月、光州市で起こった大規模な反政府デモに対し、軍隊が出動して多数の死傷者を出した事件。デモは、前年の朴パク大統領暗殺事件以来の政情混乱の中で布告された全斗煥チヨンドフアン将軍の非常戒厳令に対し、その解除を求めて起きた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

光州事件
こうしゅうじけん
1980年5月、当時韓国全羅南道(ぜんらなんどう/チョルラナムド)の道都であった光州(こうしゅう/クワンジュ)市で大規模な反政府蜂起(ほうき)が起こり、軍隊の武力鎮圧によって多数の死傷者を出した事件。「光州事態」ともよばれた。事件の発端は、同年5月17日、韓国軍の実力者全斗煥(ぜんとかん/チョンドファン)将軍(のちに大統領)が全土に非常戒厳令を布告して政府の実権を掌握したこと(いわゆる五・一七クーデター)にあった。韓国では79年10月、過去18年余にわたって強権政治を続けてきた朴正煕(ぼくせいき/パクチョンヒ)大統領が部下の金載圭(きんさいけい/キムジェギュ)中央情報部(KCIA)部長に暗殺され、以来、崔圭夏(さいけいか/チェギュハ)大統領代行の暫定政権のもとで政情混乱が続いていた。そうしたなか、全斗煥将軍は陸軍士官学校同期の盧泰愚(ろたいぐ/ノテウ)将軍(のちに大統領)と共謀のうえ、79年12月粛軍クーデター(いわゆる一二・一二クーデター)を通じて軍の権力を掌握した。その後は憲兵組織と情報機関を基盤に独裁を強化し、民主政治の実現を願う人々を弾圧した。光州市のデモは、非常戒厳令の解除を求める全南大学学生の5月18日の街頭デモに始まり、警官隊、軍隊との衝突が繰り返されるなかで一般市民をも巻き込んだ騒乱に発展し、5月21日には20万人の群衆が市内の各公共機関を占拠、無政府状態となった。これに対して、戒厳司令部は5月27日、約2万5000人の実戦部隊を突入させて市内を制圧した。事件の犠牲者は公式発表では官民あわせて死者191人、重軽傷者852人とされているが、死者だけで2000人を超えたとの説もある。
 それ以後、全斗煥政権と1988年それを継いだ盧泰愚政権という、2代13年にわたって軍人出身の大統領が続いた。この間、参加者の名誉回復を図る動きが一部にみられたものの、「内乱」との烙印(らくいん)が押された事件について、本格的な真相究明と責任追及はなされないままであった。しかし、93年文民政権として発足した金泳三(きんえいさん/キムヨンサム)政権は、「歴史の立て直し」を課題の一つとして掲げた。これにあわせて事件に対する評価も大きく変わっていき、全斗煥・盧泰愚の大統領経験者を含めた軍部関係者の責任を追及する世論が高まった。事件の被害者や犠牲者の遺族による関係者に対する告訴・告発(内乱罪・内乱殺人罪)は、95年7月「成功したクーデターは司法判断の対象とならない」として、検察当局により、いったん棄却された。しかし、世論に押された国会は、同年12月軍部関係者の時効を停止して処罰するための特別立法を行った。それに基づき、粛軍クーデターから光州事件までの一連の事件の責任に関して、全元大統領と盧前大統領が、軍反乱・内乱首謀罪、軍反乱・内乱主要任務従事罪などの容疑で逮捕・起訴された。これと前後して、両者は、政権担当中の巨額の秘密資金づくりをめぐる収賄罪でも起訴され、韓国史上初めて、「大統領の犯罪」が法廷で審理された。96年8月ソウル地裁は全斗煥被告に死刑、盧泰愚被告に懲役22年6月の判決を言い渡した。同年12月控訴審は、それぞれ無期懲役と懲役17年の判決を言い渡し、翌97年4月の大法院(最高裁)判決で、これが確定した。さらに、97年には事件初日の5月17日が、民主化運動を記念する国家記念日に指定され、政府主催の初の記念行事が行われた。「内乱」から「義挙」へと「歴史の立て直し」事業の一つが達成されることとなったのである。それとともに、事件に対する呼び方も近年韓国では「光州民衆抗争」や「光州民主化運動」という名称が用いられるようになってきている。[川越敬三・並木真人]
『全南社会運動協議会編(光州事件調査委員会訳)『全記録光州蜂起―虐殺と民衆抗争の10日間』(1985・拓植書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうしゅう‐じけん クヮウシウ‥【光州事件】
一九八〇年五月、韓国全羅南道の光州市で起こった反政府騒乱事件。戒厳令発令に反対する学生デモ隊と警察・戒厳軍が衝突、市民を巻き込んで多数の死傷者を出したが、戒厳軍が鎮圧。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

光州事件
こうしゅうじけん
1980年全羅道の中心都市光州において起きた反政府運動を,成立直後の軍事政権が弾圧した事件
クーデタで成立した軍事政権は金大中 (キムデジユン) をはじめとする国会議員を逮捕したが,その多くが全羅道の出身者で占められていた。これに対して光州市の市民・学生らは激しい反政府運動を展開したが,軍隊の導入で徹底的な弾圧を受けた。公式発表では死者174名とされたが,数千人が死亡または行方不明になったとされる。全羅道という政治的・経済的に冷遇されてきた地域の人々の不満が背景にあり,金泳三 (キムヨンサム) ・金大中の文民大統領によって当時の軍人・政治家の処罰および光州市民の名誉回復が行われた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光州事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光州事件の関連情報

関連キーワード

黒人問題印僑醸造業RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェルアフリカン・アメリカン音楽工業薬品工業高齢者事業団

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation