@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

光明【コウミョウ】

デジタル大辞泉

こう‐みょう〔クワウミヤウ〕【光明】
《「こうめい」とも》
あかるい光。光輝。
あかるい見通し。希望。「前途に光明を見いだす」
仏語。菩薩(ぼさつ)の心身から発する光。慈悲智慧(ちえ)を象徴する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐めい〔クワウ‐〕【光明】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうみょう【光明】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう‐みょう クヮウミャウ【光明】
〘名〙 (「みょう」は「明」の呉音)
① 明るい光。光輝。
※菅家文草(900頃)四・九日侍宴同賦仙潭菊「夜来月照光明見、暁後風凉香気起」 〔荀子‐王覇〕
② 輝かしい栄光や、徳をたたえていう。
※史記抄(1477)三「先祖の光明をあきらかにして」
③ (比喩的に) 逆境にあったり、どうしたらよいかわからないで迷ったりしている時に見いだす、希望や解決のいとぐち。
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉一七「かれは感情を披瀝(ひれき)する詩人としてより他(ほか)に光明を認め得るものはないと思った」 〔劉駕‐励志詩〕
④ 仏語。
(イ) (「光」は太陽のひかり、「明」は月・星などのひかりの意) 光と明。
※正法眼蔵(1231‐53)坐禅箴「おろかなるともがらは、仏光明をあやまりて日月の光明のごとく、珠火の光耀のごとくあらんずるとおもふ」 〔倶舎論‐一〕
(ロ) 仏菩薩の心身からはなつ光。智慧や慈悲を表わす。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「光明満法界。一字務律梁

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐めい クヮウ‥【光明】
〘名〙 (「めい」は「明」の漢音)
① (形動) 明るいこと。また、そのさま。
※四河入海(17C前)二二「日月もひとしほ光明(こうメイ)なぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光明の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation