@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

光輪【こうりん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

光輪
こうりん
nimbus; halo
聖なるものの頭のうしろに置かれる円光。光背アウレオラともいう。中世キリスト教美術に最も典型的な例をみることができるが,すでに古代より超自然的な崇高さを表わすものとして使われている。エジプトの王には太陽の子としての神格を表わすものとして使用され,ギリシアローマでは太陽神を表わすのに用いている。ルネサンスの自然主義とともに衰えをみせたが,バロック期以後の宗教美術にも再びみられる。光線として表現されるものもある。仏像にも用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐りん〔クワウ‐〕【光輪】
キリスト教美術で、キリスト・聖母・天使などの聖性・栄光の象徴として頭のまわりに描かれる輪。輪光。ニンブス。
・菩薩(ぼさつ)のからだから発する円満の光。衆生(しゅじょう)の煩悩(ぼんのう)を砕く智慧の光。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうりん【光輪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうりん【光輪】
キリスト教関係の美術で、聖人や神的人格の象徴として頭の周囲に描かれた光の輪。頭光ずこう。ニンブス。
仏教で、衆生しゆじようの煩悩ぼんのうをとり払う仏の光明を輪にたとえていう語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐りん クヮウ‥【光輪】
〘名〙
① (「輪」は円満の意。また煩悩を砕くはたらきをたとえていう語) 仏菩薩のからだから発する円満の光。衆生の煩悩を砕く慈悲の光。
※三帖和讚(1248‐60頃)浄土「彌陀成仏のこのかたは いまに十劫をへたまへり 法身の光輪きわもなく 世の盲冥をてらすなり」 〔六十華厳経‐二〕
② 仏像またはキリスト教美術のキリストや聖母・天使などの肖像の光背のうち、光の輪をかたどったもの。
※とむらい師たち(1966)〈野坂昭如〉「この中の水子に、みな仏様みたいな、光輪をつけたったらどうや」
③ 光源を中心としてできた光の輪。
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「煤けた天井に描かれたランプの丸い光輪をぼんやりと眺めてゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光輪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

光輪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation