@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

克己【コッキ】

デジタル大辞泉

こっ‐き〔コク‐〕【克己】
[名](スル)自分の感情・欲望・邪念などにうちかつこと。「克己して学問に励む」「克己心」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こっき【克己 kè jǐ】
儒教の修養法。《論語》顔淵篇に〈子(し)曰(いわく),克己復礼を仁となす〉とあるのにもとづく。〈復礼〉は古い訓では,わが身をつつしんで礼をふみ行う,と訓(よ)むが,南宋の朱熹(しゆき)は,〈己〉を私欲(エゴイズム)とし〈礼〉を天理(本来的に人に備わる道徳性)が美的に分節されたものとし,私欲を克服して天理に復帰すること,と解釈する。このような禁欲主義は,清の学者や荻生徂徠などから批判された。【三浦 国雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こっ‐き コク‥【克己】
〘名〙 おのれに克(か)つこと。自分の欲望や邪念にうちかつこと。
※明六雑誌‐一六号(1874)人間公共の説〈杉亨二〉「恩あれば之に報し克己して人の人と相ひ親むは其性情なり」 〔論語‐顔淵〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

克己」の用語解説はコトバンクが提供しています。

克己の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation