@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

免疫不全【めんえきふぜん】

知恵蔵

免疫不全
免疫不全は先天性後天性の2つに大別される。先天性免疫不全免疫細胞がうまく成熟しないために起こる。これにはB細胞系の異常、T細胞系の異常、マクロファージ系の異常、あるいはT細胞とB細胞の両方の異常など、様々な型が知られている。いずれも重症感染症を繰り返し起こす。後天的に起こる免疫不全としては、後天性免疫不全症候群(エイズ)がよく知られており、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染により発症する。HIVは免疫を促進するヘルパーT細胞に感染してその数を著しく減少させるので、免疫不全が起こる。
(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

めんえき‐ふぜん【免疫不全】
免疫を担当するマクロファージB細胞T細胞補体などに障害があって、生体防衛を行えない状態

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

免疫不全
 免疫欠損ともいう.液性免疫,細胞免疫に欠損がある状態.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めんえきふぜん【免疫不全】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めんえきふぜん【免疫不全】
免疫担当細胞である B 細胞・ T 細胞あるいはマクロファージ系細胞の異常、補体の欠陥などのため、免疫機能になんらかの欠損がある状態。先天的な遺伝子異常のほか、薬物(免疫抑制剤など)・栄養障害・感染、手術や外傷などによる。免疫欠損。 → エイズ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めんえき‐ふぜん【免疫不全】
〘名〙 免疫機構に障害があるため、感染症に対する防止能力が低下した状態。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

免疫不全」の用語解説はコトバンクが提供しています。

免疫不全の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation