@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

免疫学【メンエキガク】

デジタル大辞泉

めんえき‐がく【免疫学】
免疫機構解明およびその応用を図る学問抗体補体抗原の化学的構造や機能を研究する免疫化学なども含まれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めんえきがく【免疫学 immunology】
免疫現象を解明するための学問分野。感染症予防と治療に医学関心が集まっていた時代には,病原微生物駆除に関与する液性,細胞性の因子に研究が集中していた。しかし,免疫なる現象が生体恒常性を守る生物固有の機構であるという認識が確立された現在では,免疫現象のさまざまな側面を解明する基礎科学として,さらに免疫反応によって起こるさまざまな病的現象を解明し,治療に応用するための臨床免疫学をも含めた総合的な学問分野として発展しつつある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

めんえき‐がく【免疫学】
〘名〙 免疫の機構の解明およびその応用を研究する医学の一分野。ジェンナーの種痘研究を先駆として、一九世紀末にはじまり、近年その発達が著しい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

免疫学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

免疫学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation