@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

児島虎次郎【こじま とらじろう】

美術人名辞典

児島虎次郎
画家岡山県生。東美校卒。フランス・ベルギーで印象派を学び、サロン=ナショナル、サロン=デ=チュイルリーの会員となる。のち大原美術館より委嘱され作品の大部分を収集した。帝展審査員。昭和4年(1929)歿、47才。

出典:(株)思文閣

朝日新聞掲載「キーワード」

児島虎次郎
現在の岡山県高梁市成羽町で生まれ、画家を志して大原家の奨学生に。渡欧して絵画を学び、画家として活動する傍らモネの「睡蓮」やエルグレコの「受胎告知」などを収集した。
(2020-03-27 朝日新聞 朝刊 広島1・2地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

こじま‐とらじろう〔‐とらジラウ〕【児島虎次郎】
[1881~1929]洋画家。岡山の生まれ。印象派的な画風を示す。大原孫三郎依嘱により渡欧して美術品を収集し、大原美術館の基礎を作った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

児島虎次郎 こじま-とらじろう
1881-1929 明治-大正時代の洋画家。
明治14年4月3日生まれ。同郷岡山県の大原孫三郎の援助で渡欧,帰国後も毎年パリのサロンに出品し,大正9年サロン-ソシエテ-ナショナル正会員。倉敷の大原美術館のコレクションに協力した。昭和4年3月8日死去。49歳。東京美術学校(現東京芸大)卒。代表作に「の庭」「ベゴニヤの(はたけ)」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こじまとらじろう【児島虎次郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

児島虎次郎
こじまとらじろう
(1881―1929)

洋画家。岡山県生まれ。1904年(明治37)東京美術学校西洋画科を卒業し、1907年の東京府勧業博覧会で『里の水車』が一等賞、『情の庭』は宮内省買い上げとなる。翌1908年渡仏し、ソシエテ・ナシオナルのサロンにたびたび出品のほか、ベルギーのガン美術学校を首席で卒業、欧州各地を見学旅行し、1912年帰国する。その後1919~1921年、1922~1923年、実業家大原孫三郎の委嘱で渡欧して美術品を収集し、後の大原美術館の基礎をつくった。光風会会員、フランスのソシエテ・ナシオナル会員、帝展審査員。明るい彩調の印象主義画風を示し、『ベゴニヤの畠(はたけ)』『酒津(さかづ)の秋』『手鏡をもつ女』ほかがある。1972年大原美術館に児島虎次郎記念館が開設された。

[小倉忠夫 2017年1月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

児島虎次郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

児島虎次郎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation