@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

児斑【じはん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

児斑
じはん

乳幼児の体幹背面、とくに尾仙骨部を中心として現れる青色斑をさし、小児斑ともいう。モンゴロイド(黄色人種)に100%近くみられるところから蒙古(もうこ)斑Mongolian spotとよばれたが、白人でも10~20%、黒人では80~90%もみられるので、児斑または小児斑とよばれるようになった。真皮メラノサイトが散在性に存在し、生後2歳ごろまでは青色調が濃くなるが、その後は退色し始め、7~10歳ごろまでには一様に消失する。単一な青色の色素斑で治療の必要はないが、まれに顔面にも出現することがあり、自然消退しない太田母斑との鑑別が必要になることもある。また、顔面頭部のほか、四肢末梢(まっしょう)や体幹腹側にもまれにみられるが、どんなに濃くても児斑であれば自然消退の傾向がある。しかし、なかには成人になっても残存する持続性のものもある。

[齋藤公子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐はん【児斑】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

児斑
じはん
蒙古斑」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐はん【児斑】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

児斑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

児斑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation