@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

党争【とうそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

党争
とうそう
tangjaeng
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 時代に発生した官人たちの党派争い。朋党,党論ともいう。党争は朝鮮王朝期の最大の特色といわれるが,その原因については諸説があって一定した解釈はない。主要なことは王権が微弱で十分に官人たちを抑圧できなかったこと,当時国教的位置を占めていた儒教のもつさまざまな性格が政争にからんで利用され,事態を一層複雑にしていることであろう。党争の前駆をなすものとして通常指摘されているのは燕山君4 (1498) 年に起った戊午の士禍 (世祖の即位をめぐる史論問題から発展した官人,儒林の対立抗争) や甲子の士禍 (1504) ,乙巳の士禍 (46) などという一連の士禍があげられる。いわゆる士禍時代は儒林内部の争いの性格が強いが,宣祖1 (68) 年宣祖が即位してから党争は政治色を深め,党派の対立も露骨になった。すなわち同8年沈義謙を中心とする西人派と金孝元を中心とする東人派が対立し,東人はさらに分れて南人,北人となり,これを西人と合せて三色 (色は種類という意味) と呼ぶにいたった。この党争は光海君 14 (1622) 年までは東人が,仁祖1 (23) 年から顕宗 15 (74) 年までは西人が,というように相互に他を排して政権を争った。東西に分れてからほぼ1世紀,粛宗 (在位 75~1720) 代には老論,小論,南人,北人の四色となり,粛宗6 (1680) 年までは南人が主流を占め,同 20年以後は西人がこれに代り,さらに西人は老論,少論に分れて対立するという有様で,一時英祖1 (1725) 年に改革を試みたが功なく,朝鮮王朝末期まで持越された。ただし政争に失敗した南人一派が党論の根拠となった理学 (儒学) 以外に,いわゆる実学を志向する道を選んだことは朝鮮王朝実学発展のうえで注目されよう。党争は中国でも古くから行われ,後漢のときに宦官が気節の士を党人と呼んで弾圧禁錮したいわゆる党錮もそれであるが (→党錮の獄 ) ,特に唐代,科挙出身の官僚と門閥貴族との間で行われた牛,李両党の争いや宋代の新,旧両党の抗争などがその著しい例である。代にも東林党と非東林党の党争があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐そう〔タウサウ〕【党争】
党派間のあらそい。特に、政党間の政権をめぐるあらそい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうそう【党争】
朝鮮,李朝における党派の争い。李朝中期に勲旧派(中央貴族層の既成官僚)が士林派(在地両班(ヤンバン)層の新進官僚)に対して行った士禍とよばれる弾圧の後,士林派が1565年に政権を掌握するが,士林派は1575年に東人(改革派)と西人(保守派)に分裂した(ただし,東人が優勢)。さらに91年には西人への対応策をめぐって東人が南人(穏健派)と北人(強硬派)に分かれた(ただし,南人が政権を担当)。東人,西人,南人,北人の呼称は,各派の居住地域がそれぞれソウルの東,西,南,北に集中していたことから生じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

党争
とうそう

官僚が互いに派閥をたてて政権を争うことをいう。歴史的には、中国、朝鮮の党争がよく知られているので、ここでは両国について説明する。

[宮崎市定]

中国

官僚が党派をつくることは禁じられていたにもかかわらず、実際には各時代、つねに党争は行われてきた。とくに甚だしくなったのは科挙が行われてからであり、試験のあるごとに、試験官と受験生、また同期の受験生の間に親密な結合が生じたためである。唐の憲宗(在位805~820)から宣宗(在位846~859)初年に至るまで、科挙出身の牛僧孺(ぎゅうそうじゅ)・李宗閔(りそうびん)らが貴族出身の李徳裕(りとくゆう)らと党をたてて争い、牛・李の党と称せられるが、この語はもと牛僧孺、李宗閔ら科挙出身者の党をさすものであり、のちに牛僧孺、李徳裕の両派を意味するように変わった。宋(そう)代では仁宗(じんそう)(在位1022~63)のころから党争が激しくなり、のちに新法を主張する王安石の党と、旧法を主張する司馬光、およびその後継者たちが組成する党との大衝突となった。党争は政見の相違から起こるばかりでなく、その裏には猟官運動(官職にありつこうとする運動)があった。明(みん)代には、宦官(かんがん)勢力と結託して自己の地位を固め、反対勢力を排除しようとする一派が現れ、『明史』の閹党伝(えんとうでん)に載せられている。閹とは宦官を意味する。

[宮崎市定]

朝鮮

朝鮮では16世紀後半から李朝(りちょう)末期に至るまで展開された朝臣内の党派による政権をめぐる抗争をいう。宣祖(在位1567~1608)初年、文臣の人事権を掌握する官職をめぐる争いを機に東人、西人が分立したことから始まる。当初優勢であった東人は、1591年鄭澈(ていてつ)(西人)の失脚時に、西人に対して温和な南人と峻厳(しゅんげん)な北人とに分裂した。宣祖末年および光海君時代には北人が政権を握ったが、1623年の仁祖擁立の政変以後は西人が長く政権を握った。1660年以降、宋時烈(そうじれつ)ら西人と尹(いんけい)・許穆(きょぼく)ら南人との間に激しい礼論(王大妃の服喪期間に関する対立)が生じ、政権は西人、南人の間を移動し、党争は1680年の庚申(こうしん)獄(南人大粛清)のように血みどろ化し、各党派間の閉鎖性と対立は厳しくなった。80年代に西人は対南人強硬派の老論と温和派の少論とに分裂し、両者は英祖(在位1724~76)初年まで激しく争った。英祖、正祖(在位1776~1800)は蕩平(とうへい)と称して党派間を調停したため党争は緩和されたが、その後も老論優勢の下に隠然たる党争が継続された。

[糟谷憲一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐そう タウサウ【党争】
〘名〙 党派間のあらそい。特に、政党が政権を取るためにあらそうこと。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「政治に於て主義無く、党争に於て継続無き」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

党争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

党争の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation