@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

党同伐異【トウドウバツイ】

デジタル大辞泉

とうどう‐ばつい〔タウドウ‐〕【党同伐異】
《「後漢書錮伝から》よい悪いにかかわらず、自分の仲間には味方をし、反対の者は攻撃すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうどう‐ばつい タウドウ‥【党同伐異】
〘名〙 (同じものに党(くみ)し、異なるを伐(う)つの意) 道理の有る無しにかかわらず、同じ派の者に味方して他派の者を攻撃すること。党同異伐。
※カント倫理学説の大要(1898)〈波多野精一〉三「吾人豈徒に党同伐異の暴威を逞うする者ならんや」 〔後漢書‐党錮伝序〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

党同伐異
道理の有る無しにかかわらず、同じ派の者に味方して他派の者を攻撃すること。

[使用例] 此のごとくにして和歌者流は一生その芸術の範囲外に出ずるあたわず、いたずらに精力を小さき党同伐異の間に消磨し[山路愛山*為朝論|1913]

[解説] 同じものにくみし、異なるをつ意。

[類語] とうどうばつ

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

党同伐異」の用語解説はコトバンクが提供しています。

党同伐異の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation