@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

党議拘束【とうぎこうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

党議拘束
とうぎこうそく
party discipline
政党が所属の議員の行動を党議によって拘束すること。通常,議会での採決にあたって行われ,所属議員がその党議に従わない場合は,党内懲罰の対象となる。議院内閣制を採用する国では,党議拘束が強いのが一般的である。ただし実際の党議拘束は各国の政党のあり方と深く関係しており,政党の影響力の弱いアメリカではまったくといってよいほど行われていないし,イギリスでは法案の重要度に応じて党議拘束に強弱がつけられており,造反投票もみられる。日本の政党は党議拘束がきわめて強く,議員個人の院内活動には大きな制約が課せられている。政党を単位とする議会運営を円滑に行うためには不可欠なものであるが,過度の党議拘束は政党間の対立を助長し,審議機能を阻害し,議会政治の活性化を妨げることにもなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

党議拘束
議案の賛否について政党、会派の決めた方針が議員を拘束する原則をいう。重要案件でこれに反した行動をとると制裁を受ける場合が多い。近年は、議員個人の思想信条にかかわるような議案については党議拘束を外す例も増えている。臓器移植法大半の政党が個人の判断に任せた。日の丸君が代国旗国歌とする法案では、民主党が党内を一本化できず、党議拘束を外した。参院改革論議では、党議拘束緩和もテーマだ。郵政民営化法案をめぐる自民党内の論争では、総務会で法案を多数決で決め、党議拘束をかけたと主張したが、反対派は党議拘束がかかっていないと反論した。
(星浩 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

とうぎ‐こうそく〔タウギ‐〕【党議拘束】
議会での採決に際し、所属政党の決議に従って投票するように議員を束縛すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

党議拘束」の用語解説はコトバンクが提供しています。

党議拘束の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation