@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

党錮の獄【とうこのごく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

党錮の獄
とうこのごく
Dang-gu; Tang-ku
中国,後漢末期に起ったいわゆる清流官僚に対する弾圧事件。後漢の桓帝は,外戚梁冀 (りょうき) を倒すため宦官の力をかりたので宦官の横暴を招いた。宦官は内政に干渉し,一族の者を地方に派遣し土地兼併を行なったりした。一方,後漢の豪族,官僚の間には儒教主義が盛んとなり,宦官の進出を憎む人々を生み出していた。こうして李膺 (りよう) を中心に,みずからを清流官僚とみるグループが党を結んで反宦官運動を起し,太学の学生も参加した。延熹9 (166) 年宦官は彼らを国政を乱す者と弾劾し,禁錮 (官吏身分の剥奪) に処した。この第1次の党錮はほどなく解かれたが,次に竇武,陳蕃らの宦官誅滅計画が失敗すると,建寧2 (169) 年第2次の党錮が起り,黄巾 (こうきん) の乱勃発まで続いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうこのごく【党錮の獄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

党錮の獄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

党錮の獄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation