@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

兜率天【とそつてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

兜率天
とそつてん
仏教の宇宙観にある天上界の一つ。サンスクリット語では Tuṣitaといい,音写して都率(とそつ),都史多(とした)とし,上足,知足と訳す。欲界の六天(四王天,忉利天夜摩天兜率天,化楽天,他化自在天)のうちの第4にあたるところ。ここには七宝でできた宮殿があり,宮殿には内院外院がある。内院には弥勒菩薩が住み,説法を行なっている。外院には天衆遊楽の場所がある。ここでは寿命は 4000歳で,その 1日は人間界の 400年に相当するという。また仏伝によると釈迦はここから降下して摩耶夫人胎内宿り,生誕したとされている。この天を絵画化したものに,大阪府河内長野市の延命寺蔵『絹本著色兜率天曼荼羅図』(兜率天変相図。国指定重要文化財)がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とそつ‐てん【×兜率天】
仏語。六欲天の第四天。内院と外院があり、内院は将来仏となるべき弥勒菩薩(みろくぼさつ)が住するとされ、外院は天衆の住む所とされる。都史多天。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とそつてん【兜率天】
仏教の世界観に現れる天界の一つ。兜率はサンスクリットのトゥシタTuṣitaの音訳で,覩史多(とした)とも訳される。須弥山(しゆみせん)の上空に位置し,三界のうちの欲界に属する。ただし,この天は欲界六天の下から4番目にあたり,その住人は欲望の束縛をかなり脱している(トゥシタは〈満足せる〉の意)。七宝の宮殿に内外の二院があり,内院は将来仏となるべき菩薩の最後身の住処とされ,外院は眷属の天子衆の遊楽の場とされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

兜率天
とそつてん

仏教世界観における天界の一つ。サンスクリット語トゥシタTusitaの音訳で、都率、都史多(とした)などとも書く。意訳は喜足(きそく)(そこでは神々が満足しているの意)。須弥山(しゅみせん)の上空、夜摩(やま)天の上にあるが、欲界の6種の天(六欲天)の一つとされ、美しい風景や天女や子供が存在する。この天は、下界に降(くだ)る菩薩(ぼさつ)(未来の仏)が待機する場所として有名で、すでに釈迦(しゃか)が降下し、いま弥勒(みろく)が待機中であるという。弥勒信仰の発展とともに、兜率天に生まれ変わることを願う兜率往生(おうじょう)の思想が生じ、阿弥陀仏(あみだぶつ)の極楽浄土(ごくらくじょうど)への往生との優劣が争われたが、兜率天が欲界中の世界である点が攻撃された。

[定方 晟]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兜率天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

兜率天の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation