@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

入漁権【にゅうぎょけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

入漁権
にゅうぎょけん
fishery rights
漁業法による漁業権者との契約に基づいて漁業を営むことのできる権利。他の漁業協同組合がもっている共同漁業権区画漁業権漁場で,その内容となっている漁業の一部または全部を営む権利のこと。入漁権は漁業権管理への一部参加という性格をもつもので,これを取得できるのは漁業協同組合か漁業協同組合連合会に限られている。入漁権は原則として当事者間の契約により設定される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にゅうぎょ‐けん〔ニフギヨ‐〕【入漁権】
他人の共同漁業権または特定区画漁業権に属する漁場で漁業を営む権利。漁業権者との契約によって設定される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にゅうぎょけん【入漁権】
契約に基づいて,他人の漁業権に属する漁場において,その漁業権の内容とされている漁業の全部または一部を営む権利(漁業法7条)。入漁権は,漁業権のように行政庁の免許という行政行為によって発生する権利ではなく,漁業権者と入漁を希望する者との間の私的契約によって発生する権利である。入漁権を取得できるのは,漁業協同組合およびその連合会に限定されており(42条の2),漁業権の種類も共同漁業権または特定区画漁業権の組合管理漁業権に限られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

入漁権
にゅうぎょけん

漁業権者との契約に基づいて、共同漁業権または特定の区画漁業権に属する漁場において、その漁業権の内容である漁業の全部または一部を営む権利(漁業法第7条)。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にゅうぎょ‐けん ニフギョ‥【入漁権】
〘名〙 他人の共同漁業権または特定の区画漁業権に属する漁場内で漁業を営む権利。漁業権者との契約によって設定される。江戸時代以来各地の漁業が発達するにつれて、漁村間の入会(いりあい)関係が多く発生したが、その形態は、数村の漁民がその共有漁場に入会う数村入会の形態と、この入漁形態とに二大別される。
※ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉一「入漁権をみとめるかわりに、権利金が入って来た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入漁権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

入漁権の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation