@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

入目【イリメ】

デジタル大辞泉

いり‐め【入(り)目】
[名・形動]
費やした金高。経費。出費。
「種々(さまざま)の―を幾晩かかかって漸く調べあげた積り書」〈露伴五重塔
控えめなこと。また、そのさま。
「―にもなく、又さし出でても見えぬ様に」〈吾妻問答
目が引っ込んでいること。
「人の―なるをめりたりと言ふ」〈名語記・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いり‐め【入目】
〘名〙
① 目が引っ込んでいること。
※名語記(1275)六「人のいりめなるをめりたりといふ」
② 賽(さい)の目で、有利な目が出ること。また、その目。
※咄本・鹿の巻筆(1686)五「宵からみるに、親も入目はござらぬ」
③ (形動) 気が弱く内気なこと。控えめなこと。気の沈みがちであること。また、そのさま。
※吾妻問答(1467頃)「此の道は〈略〉吉き程に、入めにもなく又さし出でても見えぬ様に」
※浮世草子・傾城禁短気(1711)一「夕飯過ぎて、日も西に座敷も入めな時分」
④ 必要とする費用。入費。
※東寺百合文書‐ち・正長元年(1428)八月七日・廿一口方評定引付「金堂前砂代之事〈略〉此沙汰用途等入目ある之間」
※浮世草子・好色一代女(1686)三「さる女を久しくだました替りに、いやといはれぬ首尾になりて子を産(うます)うちの入目、是非に頼みたてまつる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いれ‐め【入目】
〘名〙
① 江戸時代、大坂の蔵屋敷で貢納米が入札によって売り払われる時、落札者が代銀を蔵元または掛屋に納入する際に支払う手数料。
※稲の穂(1842‐幕末頃)「落札の米穀拾石に付弐分づつ懸屋へ遣す、是を入目といふ」
② 江戸時代、銀座において上納銀や献上銀枚包みなど、幕府の御金蔵または御納戸に収納される包み銀に、本目の外に若干の銀を掛け足して入れること。入れ目銀。銀包み入れ目定法。
③ 江戸時代、綿買次問屋仲間の取引方法で、繰り綿の荷造りに際して本貫の外に若干の掛け足しをすること。
④ 江戸時代の雑税の一種。蜂須賀藩で、貢租米取り立てに際して行なった、正租の外の付加税。
⑤ 眼球を失った人の眼窩(がんか)に入れる、ガラスやプラスチックなどで作った眼球。義眼。
※随筆・譚海(1795)九「番町の御家人何がしの息女、片目あしかりしを、入眼せしかば、よき目よりはよくみなさるるやうに成たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

入目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation