@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

全長10m--消化と吸収のシステム

からだと病気のしくみ図鑑

全長10m--消化と吸収のシステム

口で咀嚼された食べ物は、食道を通ってさまざまな消化器官へ送られていきます。
消化器官は消化・吸収を繰り返し、からだに必要な栄養素を取り込んでいます。


●消化・吸収・排泄の しくみ
口から食道、十二指腸小腸大腸肛門まで、全長およそ10mの1本のが、食べ物の道筋となる消化管です。
食道から胃までを上部消化管といい、小腸から下の部分を下部消化管といいます。
口から入った食べ物は、上部消化管の食道から胃に運ばれて、胃液で1~3時間ほどかけて消化されます。
さらに、胃から十二指腸(小腸)に送られてきた食べ物は、下部消化管で必要な栄養素が吸収され、最後には直腸・肛門から排泄されます。

出典:法研「からだと病気のしくみ図鑑」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全長10m--消化と吸収のシステム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

全長10m--消化と吸収のシステムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation