@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

全音階【ぜんおんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

全音階
ぜんおんかい
diatonic scale
音楽用語。オクターブ中臨時記号により変化されない音によってのみ構成され,5つの全音と2つの半音から成る音階で,正式には全音階的音階という。種々の教会旋法や長短調がこれに含まれる。ただし短音階のうち,全音階に含まれるのは厳密には自然短音階のみである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜん‐おんかい【全音階】
オクターブ全音五つと半音二つからなる音階。半音の位置により、長音階短音階とに分けられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんおんかい【全音階】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜんおんかい【全音階】
一オクターブを五つの広い音程(全音)と二つの狭い音程(半音)に分割した七音の音階。ピアノの白鍵で連続する任意の七音がこれに当たり、長音階・短音階が常用される。 ⇔ 半音階

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

全音階
ぜんおんかい
diatonic scale英語
diatonische Tonleiterドイツ語
全音階的音階、全音的音階ともいう。一オクターブを五つの全音と二つの半音とに分割したもので、近代西洋音楽の長音階と短音階(厳密には自然的短音階のみ)とをいう。19世紀中ごろからは半音階的な音が多く用いられたが、20世紀に入ってからは汎(はん)全音階主義のもと、全音階は復活した。また、全音階とは区別される全音音階は、一オクターブが6個の全音からできている音階で、全音階とは異なり、主音とそれに対する機能関係を欠いている点で、むしろ全音音列というべきであろう。これはリストやドビュッシーによりよく用いられた。[南谷美保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐おんかい【全音階】
〘名〙 全音を基礎とした音階。一オクターブのなかに全音五つと半音二つを含み、長音階と短音階の別がある。
※楽典初歩(1888)〈内田彌一訳〉「第百十一条 此音階は、〈略〉全音階(〈注〉ダイアトニック)といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

全音階」の用語解説はコトバンクが提供しています。

全音階の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation