@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八代集【はちだいしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

八代集
はちだいしゅう
勅撰和歌集のうち最初の『古今和歌集』から8番目の『新古今和歌集』までをいう。『古今和歌集』『後撰和歌集』『拾遺和歌集』『後拾遺和歌集』『金葉和歌集』『詞花和歌集』『千載和歌集』『新古今和歌集』の8集。「代」とは勅撰集が奉られた天皇の御代の意。『無名草子』では『万葉集』から『千載和歌集』までを八代集といっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はちだい‐しゅう〔‐シフ〕【八代集】
古今和歌集以下、平安初期から鎌倉初期までの八つの勅撰和歌集の総称。古今和歌集後撰和歌集拾遺和歌集後拾遺和歌集金葉和歌集詞花和歌集千載和歌集新古今和歌集

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

八代集
→「二十一代集」

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

はちだいしゅう【八代集】
三代集と総称される《古今和歌集》《後撰和歌集》《拾遺和歌集》と,それに続く《後拾遺和歌集》《金葉和歌集》《詞花和歌集》《千載和歌集》《新古今和歌集》との8勅撰和歌集を総称して八代集という。この名称は鎌倉初期の《明月記》(藤原定家の日記)や《八雲御抄(やくもみしよう)》(順徳天皇による歌論書)などに早くもみられる。平安初期の《古今集》時代から鎌倉初期の《新古今集》時代に至るおよそ300年間,和歌には時によって盛衰もあり,歌風の変遷もあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はちだいしゅう【八代集】
勅撰和歌集の初めの八集。 → 十三代集二十一代集

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

八代集
はちだいしゅう
『古今和歌集』から『新古今和歌集』まで、平安前期から鎌倉初期に至る八代の勅撰(ちょくせん)和歌集の総称。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はちだい‐しゅう ‥シフ【八代集】
「古今集」から「新古今集」までの、平安前期より鎌倉初期にいたる八代の勅撰和歌集の呼称。この二集の他に「後撰集」「拾遺集」「後拾遺集」「金葉集」「詞花集」「千載集」をあわせたもの。八代和歌集。八部

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八代集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八代集の関連情報

他サービスで検索

「八代集」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation