@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八八【はちはち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

八八
はちはち
花札遊びの1種。江戸花,東京花の異称があり,特に関東で普及している。八八の名は花札の総点数が 264点で,平均1人 88点になることからきている。3~4人で行うもので,場札6枚,手札各自7枚,残りは場の山にして始める。4人の場合は手札の状態により1人棄権できる。まず,親から場にある札と手札を合せて取り,次いで山札の1枚をめくって場に出す。場札とめくり札同種の場合は取ることができる。このようにしてゲームを進め,取った札の組合わせによる出来役と持ち札の組合せによる手役の合計点で勝ちを決める。役は地方によって異なるが,出来役として「三光」など 26種,手役として「光一 (ぴかいち) 」など 10種があり,普通は勝負前に役の取決めを選択して行う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はち‐はち【八八】
8と8。また、8の8倍。
花札の遊び方の一。88点以上を勝ちとして、12回で勝負を争うもの。はち。はちじゅうはち。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はちはち【八八】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はちはち【八八】
花札の遊び方で、勝負を決める最高得点目標を八八点におくもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はち‐はち【八八】
〘名〙
① 八と八。また、八の八倍。
② 花札の競技の一種。得点八八点以上を勝ちとして、一二回で勝負を決める花札競技の代表的なもの。はちじゅうはち。はち。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉貴婦人「其代り八々(ハチハチ)の方は御名人ですかネ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八八」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八八の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation