@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八升豆【ハッショウマメ】

デジタル大辞泉

はっしょう‐まめ【八升豆】
マメ科の蔓性(つるせい)の一年草。葉は複葉。花は黒紫色。さやは短毛に覆われ、が5、6粒入っている。原産地の熱帯アジアでは広く栽培され、豆を食用に、茎葉飼料肥料にする。おしゃらくまめ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はっしょう‐まめ【八升豆】
〘名〙 マメ科のつる性一年草。アジア熱帯地方の原産で、熱帯から暖帯にかけて広く栽培される。葉は大きく三出複葉で、小葉は卵状菱形、夏、葉腋から花柄を出し黒紫色の蝶形花を多数つける。豆果は線形でやや厚く白毛を密生する。種子は淡灰褐色で食用。また、全草を牧草や緑肥に用いる。和名は収量が多いことからとも、古く八丈島を経て渡来したからともいわれる。漢名に黎豆をあてる。おしゃらくまめ。てんじくまめ。《季・秋》 〔訓蒙図彙(1666)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八升豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八升豆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation