@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八女手漉和紙【やめてすきわし】

事典 日本の地域ブランド・名産品

八女手漉和紙[紙工芸・和紙]
やめてすきわし
九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
八女市・筑後市で製作されている。1595(文禄4)年、日蓮宗の僧・日源が、和紙づくりに適した矢部川清流を発見。越前手漉き和紙の技術を伝えたという。板画家・棟方志功が愛用したことで全国に知られるようになった。現在でも、提灯紙・民芸紙書道用紙などがつくられている。福岡県特産工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八女手漉和紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八女手漉和紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation