@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八尾【やつお】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

八尾
やつお
富山県中部,富山市南西部の旧町域。飛騨山地の北斜面に位置する。1953年八尾町(1889町制)と保内村,杉原村,卯花村,室牧村の 4村が合体,さらに 1957年野積村,仁歩村,大長谷村の 3村と合体。2005年富山市,大沢野町,大山町,婦中町,山田村,細入村と合体して富山市となった。南は岐阜県に接し,神通川支流の井田川の上・中流域を占める。中心地区は井田川の谷口にあり,聞名寺の門前町で,古くから蚕種,生糸和紙薬草の集散地としてにぎわった。伝統の八尾和紙および和紙加工民芸品の製造が盛んである。ほかに米,野菜を産し,畜産酪農,林業も行なわれる。サクラの名所城ヶ山公園や聞名寺などの名刹があり,本法寺の法華経曼荼羅図 21幅は国の重要文化財。毎年 9月1~3日のおわら風の盆には民謡越中おわら節』と踊りでにぎわう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やお〔やを〕【八尾】
大阪府中部の市。大阪市の東に隣接し、住宅地。軽工業も行われる。大信寺(だいしんじ)・久宝寺(きゅうほうじ)の寺内町として発展。人口26.9万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やお【八尾】[狂言]
狂言。罪人六道の辻閻魔(えんま)に会い、地獄へ落とされそうになるが、八尾地蔵からの手紙を見せて、極楽浄土へ送られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やつ‐お〔‐を〕【八尾】
富山県富山市南部を占める地域。旧婦負(ねい)郡八尾町。例年9月1日~3日に伝統行事おわら風の盆」が行われる。また、八幡社の曳山(ひきやま)神事有名。付近に越中八尾温泉など多くの温泉地がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やお【八尾】
大阪府東部の市。大阪市の東に隣接する住宅地、工業用地として発達。中心市街地は大信寺(八尾御坊)、顕証寺(久宝寺御坊)の寺内町として発展。八尾地蔵堂で知られる常光寺がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やお【八尾】
狂言の一。死んだ男が六道の辻で閻魔えんまに会う。閻魔はこれを地獄へ連れ去ろうとするが、八尾地蔵からの依頼文をみて極楽まで送る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やつお【八尾】
富山県南部、富山市の地名。和紙製品を特産。9月1~3日は「風の盆」といい、越中おわら節による夜を徹しての盆踊りが行われる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やお やを【八尾】
[一] 狂言。各流。六道の辻に罪人を待ち受けていた閻魔(えんま)大王は、ちょうど来かかった河内の八尾の男を地獄へ連れて行こうとする。しかし男が、昔大王の稚児だった八尾地蔵からの、男を極楽へ送るようにとの手紙を大王に差し出すと、大王はあきらめて、男を極楽に案内する。「天正狂言本」で「ざい人」、「狂言記(拾遺)」で「八尾地蔵」。
[二] 大阪府中東部の地名。大阪市の南東隣にある。中世以降、久宝寺・大信寺(八尾別院)の寺内町として形成された。花卉(かき)・野菜などの栽培が盛んで、工業・住宅都市としても発展。昭和二三年(一九四八)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やつお やつを【八尾】
富山県富山市の地名。九月一日から三日間行なわれる風の盆の行事が知られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八尾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八尾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation