@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八局【はちきょく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

八局
はちきょく
維新政府中央官制の事務分課に基づく官制。1868年(慶応4)2月3日、それまでの三職七科の官制を改め、三職すなわち総裁職、議定(ぎじょう)職、参与(さんよ)職の下に、総裁局を首位に神祇(じんぎ)、内国、外国、軍防、会計、刑法、制度の各事務局を設けた。総裁局は特別に総裁(有栖川宮熾仁(ありすがわのみやたるひと))と副総裁を置いたが、各局の長官は督、次位を輔とし、督には議定が、輔には参与が兼任となって就任した。明治太政官(だじょうかん)官制における中央行政機構であるが、この官制もまもなく閏(うるう)4月21日の政体書による官制に改められた。[佐々木克]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八局」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八局の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation