@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八幡(福岡県)【やはた】

日本大百科全書(ニッポニカ)

八幡(福岡県)
やはた

福岡県北九州市西部に位置する重工業地区。1917年(大正6)市制、1963年(昭和38)門司(もじ)、小倉(こくら)、若松(わかまつ)、八幡、戸畑(とばた)の5市合併による北九州市設置により区制施行して同市八幡区となり、1974年(昭和49)八幡東、八幡西の2区に分区。明治までは宿場のあった黒崎、木屋瀬(こやのせ)を除けば寒村地域であったが、1901年(明治34)官営八幡製鉄所(のち新日本製鉄。現、新日鉄住金)が操業を開始してから鉄鋼業の町として急速に発展、コークス、耐火れんが、セメント、製鋼などの関連工業の大工場や下請の中小工場が洞海湾(どうかいわん)岸に立地して北九州工業地帯の主要部を形成、第二次世界大戦前の最盛期には日本の鉄鋼生産の過半を占めた。第二次世界大戦により大きな打撃を受けたが、国の産業復興のための保護政策によって復興、新日鉄住金をはじめ三菱(みつびし)化学(現、三菱ケミカル)、安川電機、黒崎播磨(はりま)、三菱マテリアルなどの大工場群が埋立地に立地している。しかし、1978年(昭和53)新日鉄が八幡地区での高炉を廃止するなど地盤低下は否めない。その工場跡地には1990年(平成2)、宇宙体験型テーマパーク「スペースワールド」が開設された。また、近くに自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)、環境ミュージアムがある。八幡東区は日本の近代製鉄発祥の地で、JR鹿児島(かごしま)本線以南の丘陵地にかけて社宅などが並ぶ住宅地区であるが、商業機能はあまり充実していない。そのため、八幡東田地区総合開発、八幡駅前再開発事業が進められている。山頂までケーブルカーが通じる皿倉(さらくら)山は八幡市街が一望できる景勝地で、帆柱(ほばしら)自然公園として、河内(かわち)貯水池、畑(はた)貯水池(八幡西区)とともに北九州市民のレクリエーション適地となっている。八幡西区は洞海湾奥まで工業地帯が続くが、黒崎は小倉北区の魚(うお)町と並ぶ北九州市の二大商圏の中核として発展、1979年の駅前再開発ビル建設によりいっそう勢力を拡大している。南西部を中心に都市近郊型の農業も営まれているが、筑豊電気鉄道(ちくほうでんきてつどう)や国道200号沿線を中心に宅地化が著しい。西部の折尾(おりお)も鹿児島本線とJR筑豊本線の交差する交通要地として宅地化が目覚ましく、教育施設の立地も多く、「北九州学術研究都市」として整備が進んでいる。南部にある木屋瀬は長崎街道の宿場町で、2001年に長崎街道木屋瀬宿記念館が開館している。

[石黒正紀]

『『八幡市史』(1963・八幡市)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八幡(福岡県)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八幡(福岡県)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation