@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八幡宇佐宮御託宣集【はちまんうさぐうごたくせんしゅう】

世界大百科事典 第2版

はちまんうさぐうごたくせんしゅう【八幡宇佐宮御託宣集】
1313年(正和2)宇佐弥勒寺学頭僧神吽(しんうん)の撰した宇佐神宮縁起書。16巻。源平合戦により本縁起を紛失したので,1290年(正応3)より諸史料を収集し,託宣により八幡宮起源祭神などの縁起を記すが,いわゆる三韓征伐,道鏡問題にふれ,また仏教的な地方民間伝説より,宇佐中心の九州地方の神々についても記しており,八幡信仰の研究のみならず神道史研究上の主要書。宇佐神宮,筥崎(はこざき)宮,柞原ゆすはら)八幡宮,東京大学史料編纂所等に写本がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

八幡宇佐宮御託宣集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八幡宇佐宮御託宣集の関連情報

関連キーワード

ムザッファル朝王禎農書年輪年代測定法県外避難者永保寺光厳天皇ボッカチオペトラルカルクセンブルク朝弓削島荘

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation