@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八幡宮【はちまんぐう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

八幡宮
はちまんぐう
応神天皇を主神とし,通例,ヒメガミ,神功皇后を配祀する神社称号。やわたのみやともいう。弓矢の神として,武士を中心に古くから広く尊崇された。大分県の宇佐神宮総本社とし,全国各地にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はちまんぐう【八幡宮】
八幡神(はちまんじん∥やはたのかみ)をまつる神社。数の多い神社の一つであるが,起源はおよそ宇佐八幡宮にある。しかし,その八幡神の語源・語意については諸説があり,なお研究の余地がある。奈良前期にすでに宇佐と筥崎(はこざき)宮の両八幡宮が有力社として存在し,宇佐では巫女大神(おおが)氏一族が神託をつげることで知られ,大仏鋳造に功があった。八幡神は早くより誉田別(ほんだわけ)尊(応神天皇)との説が出され,現在誉田別尊を中心に,比売大神,気長足姫(おきながたらしひめ)命(神功皇后),あるいは応神天皇・仲哀天皇・神功皇后のごとく三神をまつるのが通例。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

八幡宮
はちまんぐう

八幡神を祀(まつ)る神社。八幡神は奈良時代には第15代応神(おうじん)天皇(誉田(ほんだ)皇子)に比定され、その本宮は大分県宇佐(うさ)市鎮座の宇佐神宮である。この神宮に祀る八幡神が中央に進出するのは、東大寺大仏鋳造に神助を与えて入京したこと、法師道鏡(どうきょう)の専横を託宣によって排除したことなどで、八幡神を鎮護国家神とする信仰が確立された。やがて八幡神に菩薩(ぼさつ)号が授けられ、これまでの神仏習合形態はいっそう進められた。859年(貞観1)その分霊は山城(やましろ)国(京都府)男山(おとこやま)に勧請(かんじょう)されて石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)が創祀(そうし)されると、八幡神は王城鎮護、勇武の神として朝野の尊崇を集め、八幡信仰は急速に広まり、やがて伊勢(いせ)の神宮と石清水八幡宮は「二所宗廟(にしょのそうびょう)」と称せられた。その後、武家政権の成立、鶴岡(つるがおか)八幡宮の創祀とともに、武人の守護神としての八幡信仰が普及し、全国各地に八幡神が勧請され、八幡宮が創設された。

[二宮正彦]

『宮地直一著『八幡宮の研究』(1956・理想社)』『中野幡能著『八幡信仰史の研究』上下(増補版・1975・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はちまん‐ぐう【八幡宮】
〘名〙 八幡神をまつった神社。はちまん。
※十輪院内府記‐文明一三年(1481)三月二五日「於八幡宮、清和源氏義家以来事也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はちまん‐ぐう【八×幡宮】
八幡神祭神とする神社の総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八幡宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八幡宮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation