@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八橋油田【やばせゆでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

八橋油田
やばせゆでん
秋田県秋田市西部に位置する日本で最大規模の油田。1933年に日本鉱業(→JX日鉱日石エネルギー)によって発見され,1935年に生産開始された。その後日本石油なども同地域の油田開発に乗り出し生産量が拡大,1959年に日量 5072バーレルを記録した。第2次界大戦後も帝国石油(→国際石油開発帝石)が操業を続けたが,枯渇が近づき生産量は年間約 10万バーレルまで減少した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やばせ‐ゆでん【八橋油田】
秋田市西部にある油田。昭和8年(1933)から採掘が行われ、秋田油田の中心。産油量は同35年ごろを最盛期として減少。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

八橋(やばせ)油田
秋田県秋田市にある油田。1935年生産開始。累計生産量は国内最多。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やばせゆでん【八橋油田】
JR秋田駅の西方約3kmの秋田市八橋を中心として北は同市外旭川,南は同市新屋にいたる南北約15km,幅約500mの細長い形をした集油面積3.38km2の油田。日本国内で発見された最大の油田である。油田構造は,第三紀の中新世から鮮新世にわたる地層が西急東緩の背斜構造をなしており,この第三系を第四紀の砂礫層が不整合におおう。石油はこの背斜の頂部に集積しており背斜トラップである。油層は深度350~1750mの範囲に十数層あり有効層厚は126m,これを構成する岩石砂岩凝灰岩である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

八橋油田
やばせゆでん

秋田市西部、旧雄物(おもの)川東岸一帯に分布する油田。支流草生津川(くそうづがわ)沿いの南北13キロメートル、幅約500メートルの地域。江戸時代末期、秋田藩の御用油商人千蒲善五郎(ちがまぜんごろう)が石油開発したことに始まる。1902年(明治35)に県と地元資本による秋田石油調査会の設立を経て、本格的な開発は、1932年(昭和7)の試掘に始まり、1935年に深度206メートルで突如大噴油した。1959~1960年に最盛期を迎え、日産で原油が約800キロリットル、天然ガスが48万立方メートルと全国一であったが、以後急速に衰退した。水田に林立していた石油櫓(やぐら)もほとんど消滅したが、2014年段階稼動中。

[柘植敏朗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やばせ‐ゆでん【八橋油田】
秋田市八橋にある油田。明治二年(一八六九)に発見。昭和八年(一九三三)から本格的に開発され、同三四年原油産出量は全国第一位に達したが、以後、産出量は急激に減少。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八橋油田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八橋油田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation