@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

八釜の甌穴【やかまのおうけつ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

八釜の甌穴
やかまのおうけつ

愛媛県中東部、上浮穴(かみうけな)郡久万高原(くまこうげん)町の仁淀(によど)川支流黒川にある甌穴群。特別天然記念物。甌穴は河川の流量・流速・勾配(こうばい)、河床の地質などによって形成される円形凹地であるが、八釜の甌穴は大小30個の甌穴からなり、最大のものは直径、深さがともに12メートルに達し、全国有数の甌穴である。右岸に八つの甌穴が並んでいることから八釜の名がある。

[深石一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八釜の甌穴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

八釜の甌穴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation