@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公会議【こうかいぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公会議
こうかいぎ
concilium; council
キリスト教において教義,行政,宗規などに関して協議する司教ら指導者による集り。これはカトリックの呼び方で,プロテスタントでは総会議または大会議という。普遍公会議のほかに地域的な教会会議があり,後者はシノドスと呼ばれる場合が多く,前者のみが単に公会議と呼ばれる。カトリック教会の理解によれば,公会議は教皇が招集し,教皇またはその特使を議長として進められ,その決議は教皇の承認を得て発効する。教皇の承認を得ぬものは公会議とはみなされないが,古代にはこの手続が確立しておらず,当時の公会議を普遍公会議としているのは教会内の伝統の力である。また特に 15世紀の西方教会大分裂の時期には,教皇権の弱体化,統率力の低下と相まって,公会議は教皇の上位にあるとする公会議首位説 (→公会議主義 ) が盛んであった。カトリック教会が認めている公会議はニカイア公会議 (325) から第2バチカン公会議 (1962~65) まで 21回ある。 1054年の東方教会離教以後の会議およびその遠因になった第8回公会議をギリシア正教会は普遍公会議とは認めず,普遍公会議は厳密には7回しか開かれていないとされる。起源としては『使徒行伝』にみえるエルサレム集会が考えられ,2世紀後半にはモンタヌス派に対して小アジアで,復活祭の祝い方に関してローマで教会会議が開かれたことが確認されている。3世紀にはこの司教会議は慣例化し,313年のキリスト教公認とともに全地域にわたる会議が必要となり,314年にはコンスタンチヌス大帝によりアルル教会会議が開かれ,ドナツス派の離教などが協議された。普遍公会議という言葉は史家エウセビオスがニカイア公会議の記述に用いたのに始るが,その理念の確立には5世紀を待たねばならなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐かいぎ〔‐クワイギ〕【公会議】
ローマ‐カトリック教会で、教会全体におよぶ教義・規律に関する事項を審議決定するための宗教会議教皇が全世界の枢機卿司教その他議決権有資格者を招いて司会する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうかいぎ【公会議】
キリスト教の教義や教会の規律に関する事項を審議決定するために招集される司教あるいは幾つかの教会の代表者の公式の集会。地方的な会議synodusと全体的な会議concilium oecumenicumとがある。後者は単に公会議とも呼ばれるが,総会議あるいは世界教会会議,万国公会議などの訳語をあて,前者の地方教会会議と区別することが多い。世界教会会議は現行のローマ教会法では教皇または教皇特使の司会で開催され,教皇が開催中に死亡した場合は次期教皇が招集するまで休会となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こう‐かいぎ ‥クヮイギ【公会議】
〘名〙 ローマ‐カトリック教会で、教会全体にわたる教義、教会規律に関する事柄を討議・決定するため、教皇が全世界の枢機卿、司教、神学者などを招集して司会する会議。
※霧の朝(1965)〈森有正〉「カトリック教会の公会議が法王ポール六世の主宰の下に開かれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

公会議
こうかいぎ
concilium (ラテン)
カトリック教会で,教義・教会規律などについて審議決定するために開く会議。宗教会議ともいう
召集権は古代ローマでは皇帝にあったが,中世では国王からローマ教皇に移り,教皇権が衰微した中世末期には公会議の教皇に対する優位が唱えられ,教義決定の最高権威とされた。ニケーア(325),クレルモン(1095),コンスタンツ(1414〜18),トリエント(1545〜63)などの公会議が有名。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

公会議
こうかいぎ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公会議の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation