@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公司【コンス】

デジタル大辞泉

コンス【公司】
中国語で、会社のこと。こうし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐し【公司】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

公司
こんす

中国において「会社」を意味する語。独立した財産をもち、法に従った経営の自主と独立採算の責任を負う法人格をもつ企業組織。その具体的形態を定めた中華人民共和国公司法(会社法)は、経済の改革開放に対応してまず1993年の全国人民代表大会(全人代)で採択され、2005年の改正を経て2006年から施行された。

 公司法で定める公司(会社)は、股份(こひん)有限公司(株式会社)と有限責任公司(有限会社)である。代表的企業形態である股份有限公司は、股東大会(株主総会)の下に董事会(とうじかい)(取締役会)と監事会(監査役会)をもつ三権分立型の企業統治をとり、その限りでは日本の監査役設置会社に似ているが、董事会は委員会を置く点で委員会設置会社に類似し、監事会は株主・従業員代表を含む点でドイツの株式会社に似ている。董事会には董事長(会長・代表取締役)が置かれ、董事会の下に総経理(社長)がいて業務執行にあたる。

 上場会社の股票(株券)は、上海(シャンハイ)、深圳(しんせん/シェンチェン)、香港(ホンコン)の3証券取引所で売買される。前2者での売買は、人民元建てのA株と米ドル建て(上海)・香港ドル建て(深圳)のB株の区分があり、A株の売買は中国人に限られ、外国人は適格外国機関投資家(特定の条件でA株の売買を認可された外国の証券会社等)を通じてしか売買できない。香港ドル建ての香港では売買は自由であるが、中国本土企業の株式はH株、実態は中国本土企業であるが香港で法人登記をしている企業の株式をレッドチップとよぶ。

 公司の用語は、清国(しんこく)の商部奏定商律(1903)を端緒とするが、中華民国の公司法、中華人民共和国の私営企業暫行条例(1950)を経て現在の形になった。この間にその含意は、合股(ごうこ)(人的組合)から私営企業全般をさすように変化し、現在の公司法で現代的会社の形態が確定した。

[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐し【公司】
〘名〙 中国で、会社の称。無限公司は合名会社、両合公司は合資会社、股份有限公司は有限責任株式会社、股份両合公司は株式合資会社にあたる。コンス。クンス。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「火輪舟車(じゃうきしうしゃ)の公司(コウシ)及び、凡百会社に論なく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コン‐ス【公司】
〘名〙 中国で、日本の会社に相当する企業体を呼ぶ語。→こうし(公司)。〔新しき用語の(1921)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公司」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公司の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation