@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公奴婢【こうぬひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公奴婢
こうぬひ
kong-nobi
朝鮮で,王室官衙に隷属した奴婢婢はきわめて古くから存在したが,高麗時代には最下層民としての公,私奴婢の制度が厳格に行われ,その売買贈与,相続などが公認された。公奴婢は,ほう上奴婢,納貢奴婢に分れ,前者は一定期間官衙の労役に従事し,後者は,奴の場合は年に綿布1匹,こうぞ 20張 (16世紀以後は綿布1匹) ,婢の場合は綿布1匹,こうぞ 10張 (のちに綿布半匹) を,それぞれ官衙に納めなければならなかった。この制度はだいたい変らず,朝鮮王朝 (李朝) 末期高宗 31 (1894) 年の甲午の改革まで存続

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

く‐ぬひ【×婢】
律令時代、個人所有の私奴婢に対して、官有奴婢をいう。宮内省官奴司(かんぬし)の管轄下で、労役に従事した。66歳以上は官戸(かんこ)、76歳以上は良民とされた。官奴婢(かんぬひ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くぬひ【公奴婢】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

公奴婢
くぬひ

日本古代の律令(りつりょう)制における五色(ごしき)の賤(せん)の一つで奴隷。官(かん)奴婢とも称される。宮内省官奴司(かんぬし)が、官戸(かんこ)とともに名籍をつくり管理し、内裏(だいり)、宮内省、中務(なかつかさ)省や離宮で、主として天皇の家産経済のための労働に使役された。総数は数百人と推定されるが、758年(天平宝字2)に大量に解放されて今良(ごんろう)という新しい身分とされてから以降は急速に減少した。

[石上英一]

『井上光貞他編『日本思想大系3 律令』(1976・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

公奴婢
くぬひ
律令制における官有の賤民
官奴婢 (かんぬひ) ともいわれ,個人所有の私奴婢に対する。大化の改新以前の大和政権所有奴婢が,引き続き律令制の諸官庁に属して官田耕作雑役に従事した。を形成できず良民との結婚は禁止され,売買の対象となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐ぬひ【公奴婢】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公奴婢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公奴婢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation