@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公安委員会[フランス]【こうあんいいんかい[フランス]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公安委員会[フランス]
こうあんいいんかい[フランス]
Comité de salut public
フランス革命期の山岳派の独裁機関。当初,内外の危機に対する防衛の機関として国防総委員会に代って,1793年4月6日創設された。まず G.ダントンの主導下に9人の委員によって構成されたが,諸問題を解決できず同年7月 10日に新委員会が発足した。遅れて7月 27日 M.ロベスピエールが参加すると,同派の機関という性格を強めた。9月 25日委員会は非常事態にある国家の独裁権を要求し,10月 L.サン=ジュストの提案によって,平和到来までの革命政府の中心機関となった。各委員が総務,内政外交軍事,産業,貿易をおのおの担当し集権支配を固めたが,その構成は山岳派革命家と官僚派から成り立っていた。ロベスピエール失脚後はその力も衰え,95年に廃止された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公安委員会[フランス]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公安委員会[フランス]の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation