@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公家悪【クゲアク】

デジタル大辞泉

くげ‐あく【公家悪】
歌舞伎役柄の一。公家悪役。多く顔を藍色隈取(くまど)り、陰険な無気味さをもつ。「車引」の時平(しへい)など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くげあく【公家悪】
歌舞伎の役柄の一つ。敵役の中で,皇位簒奪(さんだつ)しようとする高位の公家の悪人の役。《菅原伝授手習鑑》の藤原時平(しへい),《妹背山婦女庭訓》の蘇我入鹿(そがのいるか),《暫(しばらく)》の平将門(まさかど)など。いずれも青黛(せいたい)をつかって〈公家荒(くげあれ)〉というを取る。金冠白衣を着し,長髪〈王子〉をつける。超人的な異様な力を持つ役であることが,この扮装にはっきりと表れている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くげあく【公家悪】
歌舞伎の役柄の一。公家の敵かたき役。藍色あいいろを主調とする隈くまをとり、超人的で冷酷な性格をもつ。「暫しばらく」のウケなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くげ‐あく【公家悪】
〘名〙 歌舞伎で、公家の悪人として登場する役。「菅原伝授手習鑑」の時平(しへい)や、「妹背山婦女庭訓」の入鹿(いるか)の類。
※雑俳・柳多留‐二(1767)「土民とは公家悪のいふ言葉也」
※随筆・耳嚢(1784‐1814)二「享保の初に山中平九郎といへる戯場役者有りしが、公家悪(クゲアク)の上手にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公家悪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公家悪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation