@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公式令【くしきりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公式令
くしきりょう
『大宝令』『養老令』の編目の一つで,公文書の種類,名称様式,発布手続などを規定したもの。養老公式令では,天皇命令を下に伝える文書の様式である詔書式勅旨式をはじめ,論式,奏事式,便奏式,皇太子令旨式,式,奏弾式,飛駅 (ひえき) 式, (げ) 式,移式,符式, (ちょう) 式,辞式,授位記式,奏授位記式,判授位記式,太政官会諸国及諸司式,諸国応官会式,諸司応官会式,過所 (かしょ) 式の 21種の様式を規定している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうしき‐れい【公式令】
明治憲法下で、各種法令条約公布方式を定めていた勅令。明治40年(1907)制定、昭和22年(1947)廃止

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうしきれい【公式令】
法令はその内容の重要度により,制定の主体・方法・名称・公布様式などの区別,すなわち法形式の分化を示し,それがまた時代の推移のなかで変遷する。日本においては明治以降も数々の変遷を経験したが,1886年,勅令の形式で公文式を制定して,きたるべき憲法制度に対応する新しい法形式を整えた。法律・勅令・閣令省令などの形式や法律・勅令における親署副署の制度がこのとき初めてつくられた。その後,法形式をさらに増加するなど整備を加え,1907年公文式に代わって勅令で公式令を制定し,公文式は廃止された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

公式令
くしきりょう

中国、日本の令の篇目(へんもく)。中国では隋(ずい)の開皇令(かいこうれい)(582頒行)に初めて公式令の篇名がみえる。唐令は44条が復原されている。日本の公式令は唐の公式令を継受したもの。養老令(ようろうりょう)では第21篇で全89条。中央集権的な文書行政および政務執行方法を規定した法典。(1)詔書(しょうしょ)、勅旨(ちょくし)、論奏(ろんそう)、令旨(りょうじ)、啓(けい)、奏弾(そうだん)、飛駅(ひえき)、解(げ)、移(い)、符(ふ)、牒(ちょう)、辞(じ)、位記(いき)、計会(けいかい)、過所(かしょ)などの公文書の書式と作成・施行・管理、(2)駅馬(えきば)、伝馬(てんま)の利用(管理は厩牧(くもく)令に規定)と公使の発遣、(3)官人の秩序・執務、授位・任官の記録、訴訟・意見などを定める。大宝(たいほう)令もほぼ同内容であったと推定される。

[石上英一]

『井上光貞他編『日本思想大系3 律令』(1976・岩波書店)』『仁井田陞著『唐令拾遺』復刊(1966・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうしき‐れい【公式令】
〘名〙 旧憲法のもとで、法律、勅令、詔書など各種の法令の公布の方式を定めた勅令。明治四〇年(一九〇七)に公布。昭和二二年(一九四七)日本国憲法の施行と同時に廃止。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公式令」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公式令の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation