@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公民科【こうみんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公民科
こうみんか
第2次世界大戦前における中等学校教科目。国または地域社会の構成員として,社会生活に必要な知識や資質育成を目指す学科。政策的には,1920年「法制上ノ知識其ノ他,国民公民トシテ心得ベキ事項ヲ授ケ,又経済観念ノ養成ニ力」めるために実業補習学校に適当な学科目を設けることを定めたのが最初で,24年にはその教授要綱と教授要旨を定めた。また 29年の文政審議会答申に基づき,30~32年に中等諸学校と師範学校にも,「法制及経済」に代って公民科が設けられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうみんか【公民科】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

公民科
こうみんか

1989年(平成1)3月告示の高等学校学習指導要領改訂によって、地理歴史科(地歴科)とともに高等学校に設けられた新しい教科。公民科は、(1)広い視野(多角的、多面的な見方、考え方や国際的な視野など)をもたせ、(2)現代の社会についての理解を深めさせるとともに、人間としてのあり方、生き方について自覚させることにより、(3)民主的、平和的な国家、社会の有為な形成者として必要な公民的資質を養うことを目標としている。

 この教科は、青年期の課題、環境と人間生活とのかかわりを取り上げる現代社会(4単位)、倫理(2単位)、各国の政治の比較、世界と日本の経済面での結びつきなどを教える政治・経済(2単位)の3科目で構成され、それら3科目はいずれも選択科目であり、従来は必修科目であった現代社会も選択となった。公民科と地理歴史科とは、それぞれの教科の垣根を高くして割拠するのではなく、両教科が相携えて、生徒の科学的社会認識と公民的資質を育成することが期されている。

[永井滋郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうみん‐か ‥クヮ【公民科】
〘名〙
① 旧制の中学校、高等女学校、実業学校、師範学校などの学科目の一つ。公民②として必要な政治・経済・社会についての知識を修得させることを目的とした学科。昭和六年(一九三一)から従来の法制経済科に代えて設けられた。〔中学校令施行規則(昭和六年)(1931)〕
② 平成元年(一九八九)に新設された高等学校の教科。現代社会、倫理、政治経済の三科目で構成されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公民科」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公民科の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation