@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公法人【こうほうじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公法人
こうほうじん
(1) 広く国家または公共の事務を行うことを存立の目的とする法人。国および地方公共団体もこれに含まれる。 (2) 上述のうち国を除いたもの,すなわち国からその存立の目的を与えられた法人。これには,一定の地域と住民と自治権を有する地方公共団体社団法人である公共組合,公の財団法人である営造物法人 (最近は政府関係企業とも呼ばれている) がある。これらを包括して公共団体という。 (3) 上述 (2) のうち公共組合と営造物法人のみを公法人という場合もある。公法人は実定法上,種々の点で私法人と異なった取扱いを受けている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐ほうじん〔‐ハフジン〕【公法人】
特定の行政目的を遂行するために設立された法人公庫公共組合など。広義には国・地方公共団体も含む。→私法人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうほうじん【公法人】
私法人に対する観念であり,〈公法上の法人〉または〈公の法人〉ともいう。この観念は,国および公共団体を指す意味で用いられる場合と,国以外の公共団体のみを指す意味で用いられる場合とがある。公共団体とは,地方公共団体(都道府県市町村など),公の社団法人である公共組合(土地区画整理組合土地改良区共済組合など)および公の財団法人たる営造物法人(公社,公団など)である。 国家法人説は,国が私法関係においてあらわれる場合のみならず,公権力を行使するなどの特別の地位において活動する場合においても,国を法人としてとらえようとしたものであり,国を法の拘束のもとにおくという点で積極的な役割を有したが,この場合,国は公法人とよばれることがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

公法人
こうほうじん

国、地方公共団体、公共組合、公団、金庫、公庫、公共企業体などのように、国家的目的のもとに行政権を付与される法人。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐ほうじん ‥ハフジン【公法人】
〘名〙 国家の下に特定の国家的目的を遂行するために設立された法人。公社、公団、公庫、金庫、公共組合、公共企業体など。広義には国家、地方公共団体も含む。⇔私法人
※商法(明治三二年)(1899)二条「公法人の商行為に付ては」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公法人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公法人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation