@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公準【こうじゅん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公準
こうじゅん
postulate
ユークリッドは,その『原本』のなかで,現在でいう公理にあたるものを2つに区別して用いた。1つは幾何学的な内容をもつもの,すなわち,「任意の中心と距離をもつ円を書くことができる」などであって,これを公準あるいは要請と名づけた。他の1つは幾何学以外の学問でも共通に認められなければならない内容のもの,すなわち「全体は部分より大きい」などで,これを共通概念あるいは共通公理といった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐じゅん【公準】
科学的または実践的理論にとって、基本的前提として必要とされる命題公理と同じく証明不可能ではあるが、公理のような自明性はない。要請。
数学で、ユークリッドの「幾何学原本」に表された公理のうちの幾何学公理。「線分は延長することができる」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうじゅん【公準 postulate】
ユークリッドが幾何学の体系を組み立てるときに導入したものであり,理論体系構成の基礎として,まったく自明な命題として証明なしで採用した命題のうち,幾何学特有のものを公準,または要請といい,もっと一般的なものを公理と呼んだ。しかし,現代では,公準と公理の区別をしないで公理と呼んでいる。なお,ユークリッドの《ストイケイア》における第5公準が,のちのいわゆる平行線の公理〈直線外の1点を通り,その直線に平行な直線は存在して唯一である〉である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうじゅん【公準】
要請ようせいに同じ。
一般には、証明はされないが、証明の前提として要請される基礎的な命題のこと。ユークリッド幾何学においては、幾何学的作図に関する一群の基礎命題を指す。現在では公理と同義であり、両者は区別されない。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐じゅん【公準】
〘名〙
① ある論理的、実践的体系の基本的な前提として措定せざるを得ない命題。公理と同じく証明不可能ではあるが、公理が自明であるのに対し、これは仮定的である。要請。〔哲学字彙(1881)〕
② ユークリッドの「幾何学原本」で証明なしに採用された基礎命題のうちで幾何学的な内容をもつもの。要請。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公準」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公準の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation