@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公田【コウデン】

デジタル大辞泉

こう‐でん【公田】
《「くでん」とも》
律令制で、国家に所有権があると考えられた田地
律令制で、1から口分田位田職田などを分けたあとの残った田地。農民賃租させて国家が収益をあげた。乗田。⇔私田
荘園などで、土地台帳に登録され、租税を納めている田地。
中国、代に行われたとされる土地制度、井田法(せいでんほう)で、正方形の土地を縦横3列ずつに井の字形に区切った場合、その中央にある公有の田。その周囲の私田を耕す八家の者が交替でこれを耕して、その収穫を租税とした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

く‐でん【公田】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうでん【公田】

[中国]
 私田の対立概念で公有の田土をいう。周の井田制では井字に区切られた中央の一画を,まわりの8区画を保有耕営する8戸が共同で耕作し,その収穫を領主に提供したと伝えられる。・漢以降は,帝室直属耕地や軍兵による屯田,あるいは官吏の職田,官庁費用の財源に供する公廨田等種々の土地が公田の範疇に属した。そのほか官用交通の駅田や学校の経費のための学田等もあるが,全体として私田(民田)の面積の1割にも達しなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

くでん【公田】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くでん【公田】
こうでん公田

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうでん【公田】
律令制で、国家に直属する田。くでん。 ⇔ 私田乗田じようでん
鎌倉時代、公事くじなどの賦課基準とされた田。くでん。
中国で、公有の土地、もしくはその収益が公有に帰する土地。古くは周代の制度といわれる井田法せいでんほうにみえる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

公田
こうでん
中国,日本,朝鮮などにおいて国家または君主に直属する土地をさす。その性格,内容は時代,国により異なる。中国,古代の井田制では,正方形の耕地を9等分し8家に分配した場合,その中央の公有の土地を公田とした。秦漢時代には屯田とともに国家直属の土地,魏晋南北朝時代には地方官の禄田,あるいは没収した絶戸の土地を公田とした。隋唐以後均田法が整備すると,それまで公田と呼ばれていたものは職分田,公廨田 (くがいでん) と呼ばれるようになり,公田的性格の土地は屯田,営田となった。均田法の崩壊以後,国家直属の土地は官田となり公田は官田の一種となった。朝鮮,高句麗時代には私田に対して国家が租を徴収する土地を公田といい,李朝では民田に対して,無税の土地を公田といった。日本では,広義には大化改新により国家に返されたすべての旧私田をいうが,狭義には『大宝令』に定められるように位田職田賜田口分田墾田などの私田以外を公田 (「くでん」ともいう) あるいは乗田とした。私田は租を納めなくてはならないが,公田は国司が貸して賃租をとった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公田
くでん
公田」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐でん【公田】
〘名〙 (「く」は「公」の呉音) =こうでん(公田)
※三河物語(1626頃)一「余かつて中野郷と申て、くでん百貫之処を代官を仰被付て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐でん【公田】
〘名〙
① 令制で、国家に所有権がある田地。公有田。口分田をはじめ、位田、職田なども含まれる。〔令集解(868)〕
② 令制で乗田のこと。広義の公田①から、口分田、位田、賜田などを分割してなお残った田地。余剰の田地。占有用益者のいない田地。農民に賃租させて耕作し、国家が収益をあげた。⇔私田(しでん)。〔令義解(718)〕
③ 中世の私田に対する公田。くでん。
(イ) 荘園に対する公領。
※肥前河上神社文書‐正応五年(1292)八月一六日・肥前河上宮造営用途支配惣田数注文「一 庄薗分、三重屋庄二百七十五丁五反〈略〉一 公田分、基肆北郷百五十七丁八反三丈」
(ロ) 荘園・公領を問わず、大田文に記載された田。一国平均役・御家人役の賦課基準となる田数。
※加賀森田文書‐承久三年(1221)九月六日・能登国田数目録「右、国中四郡庄郷保公田田数目録如件」
(ハ) 検注で確定された荘園公領内の定田。
※近衛家本追加‐貞永元年(1232)一二月一九日・関東御教書「但自本所限検注時者、可公田也」
④ 中国の井田法(せいでんほう)で、中央にある公有の田。その周囲の八家の者が交互にこれを耕して、その収穫を租税とした。〔詩経‐小雅・大田〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

公田
こうでん
律令制下の国家直属の田地で,口分田などの私田を班給した残りの土地
乗田 (じようでん) ともいう。位田・職田・賜田・口分田・墾田などを私田(一定の条件で私的用益,占有ができる)と呼んだのに対する語。田令によると,国司の権限で1年を限度に一般農民に賃貸し,その地子太政官に送り,雑用にあてられた。平安時代になって班田制の崩壊とともに消滅した。また広義には大化の改新で収公した公有の土地をさし,平安時代以後は政府・国司の支配した公領国衙領)をいう。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation