@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公論【コウロン】

デジタル大辞泉

こう‐ろん【公論】
世間一般の人々の意見。世論。「万機公論に決すべし」
公平で偏らない議論。正論。
「経済の―に酔て仁恵の私徳を忘るる勿れ」〈福沢学問のすゝめ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうろん【公論】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうろん【公論】
世間一般の人の意見。輿論よろん万機-に決すべし/五箇条の御誓文
公平な議論。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐ろん【公論】
〘名〙
① 人々が正当であるとする議論、意見。世間一般に行なわれている意見。世論。輿論(よろん)
※円覚寺文書‐文和三年(1354)九月二二日・大小禅刹規式条々「住持有其闕者、任叢林法、於本寺大衆中、以公論定之
※五箇条の御誓文‐明治元年(1868)三月一四日「広く会議を興し、万機公論に決すべし」
② 公平な議論。正論。
※旱霖集(1422)丘高菴住東福江湖疏「叢林無公論久矣」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「情慾を省きて公論(コウロン)を取らば」 〔元史‐仁室紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation