@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

公選【コウセン】

デジタル大辞泉

こう‐せん【公選】
[名](スル)知事や議員など国・地方公共団体の公職につく者を、一般有権者の投票によって選挙すること。民選。「市議公選する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうせん【公選】
スル
任命や委嘱によらず、人々の投票によって選任すること。特に国会議員や地方公共団体議会の議員およびその長を選挙で選出すること。民選。 -制 人民の-せる九名の行政官/経国美談 竜渓

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐せん【公選】
〘名〙
① 公正な手段で選ぶこと。
※公議所日誌‐四・明治二年(1869)四月「右五名、即ち公選入札にて御下問案取調致すべく候事」 〔漢書‐董仲舒伝〕
② 政府などの任命ではなく、一般の有権者の投票によって選挙すること。民選。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上「郡区長をも其の郡区人民の公選(コウセン)に任するは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公選」の用語解説はコトバンクが提供しています。

公選の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation