@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

六地蔵【ろくじぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

六地蔵
ろくじぞう
地蔵菩薩の6分身をいう。生前の行為の善悪のいかんによって,人は死後に,地獄,畜生餓鬼修羅,人,天という六道境涯輪廻,転生するといわれるが,そのそれぞれに,衆生救済のために配される檀陀,宝宝珠持地,除蓋障,日光の6地蔵をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろく‐じぞう〔‐ヂザウ〕【六地蔵】
仏語。六道のそれぞれにあって衆生の苦しみを救う6体の地蔵菩薩(ぼさつ)。地獄道の檀陀(だんだ)、餓鬼道の宝珠(ほうじゅ)、畜生道の宝印、修羅道の持地(じじ)、人間道の除蓋障(じょがいしょう)、天道の日光の各地蔵菩薩とするが、異説もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろくじぞう【六地蔵】[狂言]
狂言。詐欺師が六地蔵を求める田舎者をだまそうと偽仏師となり、三人の仲間を地蔵に仕立て、居所を変えて六体に見せかけるが見破られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろくじぞう【六地蔵】
六道のそれぞれにあって衆生を救済するという6体の地蔵菩薩。六地蔵の信仰は,中国などには先例がなく,六道思想の発達に刺激されて日本で形成されたものである。六地蔵の始源には諸説あるが,11世紀中ごろの実睿(じつえい)地蔵菩薩霊験記》のなかで,〈六道の衆生のために六種の形を現せり〉として各尊の持物や印を説明しているのが,六地蔵に関する最初の具体的記述である。12世紀になると,往生伝貴族の日記に,六地蔵の記載が散見し,また中尊寺など六地蔵を安置する寺院も現れる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ろくじぞう【六地蔵】
狂言の曲名出家狂言大蔵,和泉両流にある。ある田舎者が新築の地蔵堂六地蔵を安置しようと,都へ仏師を探しに行く。これを知った都のすっぱが田舎者に,自分は安阿弥の流れをくむ真仏師(まぶつし)だと偽り,一昼夜で因幡薬師仏堂のそばに六地蔵を作っておこうと約束する。すっぱは仲間2人と語らい,約束の刻限に3人で乙(おと)の面をつけ,3体の地蔵をよそおって仏堂のそばに立っている。地蔵を受取りにきた田舎者が,もう3体はと問うと,すっぱは脇堂にあると答え,田舎者に先回りして,3人で指定の印相をして立っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろくじぞう【六地蔵】
六道において衆生の苦しみを救うという六種の地蔵菩薩。すなわち、地獄道を救う檀陀だんだ、餓鬼道を救う宝珠、畜生道を救う宝印、修羅道を救う持地、人道を救う除蓋障、天道を救う日光の各地蔵の総称。また、延命・宝処・宝手・持地・宝印手・堅固意の六地蔵とする説もある。
六体の地蔵像を安置した寺。特に、京都伏見の大善寺の称。
墓地や道ばたなどに六体を並べて安置した石の地蔵像。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ろくじぞう【六地蔵】
狂言の一。六地蔵を作るため仏師を捜しに来た田舎者を、仏師に化けた悪者が、仲間に地蔵のふりをさせてだまそうとするが見破られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろく‐じぞう ‥ヂザウ【六地蔵】
[1]
[一] 仏語。六道のそれぞれにあって、衆生の苦悩を救済するという六種の地蔵菩薩。すなわち、檀陀・宝珠・宝印・持地・除蓋障・日光菩薩の総称。ただし、典籍によって名称は異なる。
※今昔(1120頃か)一七「小僧の宣はく、我等をば六地蔵と云ふ。六道の衆生の為に、六種の形を現ぜり」
[二] 京都市伏見区桃山町西町にある浄土宗の寺、大善寺の通称。境内地蔵堂に等身の石地蔵立像を安置する。もとは六体あったものか。小野篁(おののたかむら)が冥土で生身の地蔵菩薩を拝し、娑婆に帰って一木で六体の地蔵尊像を刻み、ここに安置したと伝える。また、大善寺付近の地名。京都市と宇治市とにまたがる。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)二「六地蔵を伏し拝み、京橋に到り」
[三] 狂言。大蔵・和泉流。いなか者が六地蔵を求めに都へ行く。都の詐欺師が仏師になりすまして六地蔵を作ることを約束し、仲間三人を地蔵に仕立てる。残りの三体は別の場所にあるといってその三人が先まわりしてごまかすが、結局露見する。
[2] 〘名〙
① ((一)(一)の信仰から) 寺、路傍、墓地などにまつられた六体の地蔵尊像。また、その地蔵堂。
※雑俳・さざれ石(1730)「ならべたり・対の笠着る六地蔵」
② 六か所の寺や堂に安置された地蔵尊。また、各所の地蔵尊のうちから特に六か所を選んだもの。
(イ) 京都で地蔵巡りが行なわれる六か所の地蔵尊。時代によってちがいがあるが、一七世紀半ばごろ、一番御菩薩池(みぞろがいけ)(=現在の上賀茂深泥池のこと。地蔵尊はのち寺町鞍馬口上善寺に移る)、二番山科四ノ宮徳林庵、三番伏見六地蔵大善寺、四番上鳥羽浄禅寺、五番桂地蔵堂、六番常盤源光寺に固定し、今日に至っている。→六地蔵巡り
※伯家五代記‐資益王記・文明一四年(1482)七月二四日「遙拝、参六地蔵、〈西院、壬生、八田、屋禰葺、清和院、正親町西洞院〉」
(ロ) 江戸では、品川の品川寺、四谷の太宗寺、巣鴨の真性寺、浅草の東禅寺、深川の霊巖寺・永代寺の六寺をいう。宝永年間(一七〇四‐一一)に地蔵坊正元の勧進により建立されたが、八百屋お七の冥福のために、吉三が建てたという俗説がある。
※江戸砂子(1732)三「医王寺真性寺 御室末〈略〉地蔵坊正元法師建立唐銅六地蔵の三番目也」
③ 六種の地蔵を石灯籠などに彫ったもの。江戸浅草寺の裏門を出た所に建てられた、高さ六尺(約一・八メートル)ほどの六角形の石灯籠が著名。
※雑俳・柳多留‐一〇四(1828)「六地蔵真棒さすとお花独楽」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六地蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六地蔵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation