@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

六日戦争【むいかせんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

六日戦争
むいかせんそう
Six-Day War
1967年6月5~10日の6日間,イスラエルがエジプト,ヨルダンシリアとの間で行なった戦争。第3次中東戦争ともいう。 65年頃からパレスチナ・ゲリラのイスラエルへの越境活動が盛んとなり,これに対しイスラエルが報復攻撃をエスカレートさせたことからアラブ諸国との緊張が高まり,67年に入るとシリア軍とイスラエル軍との間に衝突事件が頻発した。このためシリアはエジプトと共同防衛条約を締結,67年5月にはエジプトがシナイからの国連緊急軍の撤退を求めるとともに,イスラエルに対しアカバ湾封鎖を断行した。情勢が険悪化するなかでイスラエル空軍は6月5日,エジプト,シリア,ヨルダンに奇襲攻撃をしかけ,3国の空軍力を壊滅させると同時に,地上部隊も電撃作戦で3国を攻略,国連の停戦決議によって戦闘が停止されるまでの6日間に東エルサレムを含むヨルダン川西岸地区,ガザ地区,シナイ半島,ゴラン高原を占領した。これによりイスラエルはパレスチナ全土に支配を及ぼすことになったばかりでなく,エジプト領,シリア領をも占領し,他方,屈辱的敗北を喫したアラブ側はイスラエルに対する政策を基本的に見直さざるをえなくなった。この戦争のあと,67年 11月 22日に国連安全保障理事会で採択された国連安保理決議 242号が中東紛争の政治的解決の基礎とみなされるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むいかせんそう【六日戦争】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

六日戦争
むいかせんそう

1967年6月のいわゆる第三次中東戦争をいう。イスラエル軍がエジプト、シリア、ヨルダンに奇襲攻撃をかけ、わずか6日間で圧勝したことから、この呼称が生まれた。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六日戦争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

六日戦争の関連情報

関連キーワード

新藤兼人森一生[各個指定]芸能部門野村芳太郎増村保造二川幸夫コーマンルルーシュ宇宙開発史(年表)ジャック ルヴィエ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation